「彼はもはやレジェンドではない」ウクライナ代表で最多出場→現在ロシアでコーチの名手が、戦友や同胞選手から痛烈批判「お前はどこにいる?」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月07日

「彼がしていることは正しくない」

ウクライナ代表で最多キャップを誇るティモシュク。 (C)Getty Images

画像を見る

 ウクライナのレジェンドが批判に晒されているようだ。

 ロシアのウクライナへの軍事侵攻を受け、サッカー界でもウクライナの選手や関係者が続々と声をあげるなか、「沈黙している」として非難されているのが、シャフタール、バイエルン、ゼニトなどでプレーした元ウクナイナ代表MFのアナトリー・ティモシュクだ。

 ウクライナ代表の最多キャップ(144試合)を誇り、キャプテンも務めた名手は現在、他でもないロシアのゼニトでアシスタントコーチを務めているのだ。
 
 スペイン紙『MARCA』によれば、ウクナイナ代表のチームメイトで、地元開催のEURO2012でも共闘したオレクサンドル・アリエフは、SNSでFワードを交えながら、こう揶揄したという。

「ティモシュク、どこにいるんだ?(中略)お前はウクライナ人の愛国者だろ。それとも、頬に国旗を描いたのは見せかけだったのか?」

 また、アタランタのウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキも「彼がしていることは正しくない。彼の過去の偉業は忘れ去られた。もはやウクライナ・サッカー界のレジェンドではない」と痛烈に批判している。

 ロシアの侵攻が、ウクライナの選手たちを分断する事態を巻き起こしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ティモシュクを非難したアリエフはライフルを片手に母国の防衛にあたる

【画像】反戦を訴えるゴールセレブレーションをするウクライナ代表マリノフスキ
【関連記事】
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」
「なぜクソ野郎のように何も言わない?」ウクライナのエースもロシア代表戦士を糾弾!「君たちの影響力を見せてくれ」
「やるタイミングではなかった」チェルシー指揮官が怒り!ウクライナへの拍手を遮る“アブラモビッチ・コール”に苦言「連帯を示す時に…」
「軍隊を派遣したら世界大戦になりませんか?」本田圭佑、自身の投稿に対する意見殺到に見解「その通りだと思います。でも…」
「なぜアスリートが苦しむのか理解不能」糾弾されたロシア代表主将が沈黙を破る。“二重基準”に反論「ロシア人であることを恥じてはいない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ