「いろいろな記事が出ていますが…」バルサB安部裕葵がベッドの上から手術を報告。去就についても言及、「鹿島に戻ってきて」の声殺到には“本音”も

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年02月23日

「簡単に契約解除とかできないんです」

フィンランドで手術をしたことを明かした安部。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 バルセロナBに所属する安部裕葵が自身のインスタグラムのライブ配信で、手術を受けたことを報告した。

 現在23歳の安部は、2019年夏に鹿島アントラーズからバルサB(スペイン3部)と契約し、1年目は20試合で4ゴールをマークした。ただ、その初年度の途中から怪我に悩まされ、2年目にピッチに立ったのは8試合のみ。3年目の今シーズンは登録外となっている。

【動画】衝撃の活躍!安部裕葵がバルサBで決めた1試合ゴラッソ2発

 麻酔から目が覚めて間もない状態でベッドの上からライブ配信を行なったアタッカーは、次のように現状を語った。

「フィンランドで手術をしました。半年ぐらい寝たきりです。いや、それは盛りました。2、3か月ぐらいで元気に走り回っていると思います。寝たきりは盛りました。ごめんなさい」

 自身の去就については、「いろいろな記事が出ていますが、(バルサと)4年契約を結んでるんで。簡単に契約解除とかできないんです」と語った。

 ファンからは「鹿島に戻ってきて」という声が多数寄せられ、「嬉しいな」と本音を漏らしつつも、契約が切れる23年6月までは、スペインの超名門でこのままプレーを続ける意向を示した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち


【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【関連記事】
「ずっと一緒にリハビリをしてた」安部裕葵が明かしたバルサの天才MFとの“知られざる関係”にファンも驚き!「凄い選手。ポンポンポンとトップに…」
「バルサBに行っても意味ない」松井大輔が日本人の海外移籍に苦言を呈した“真意”「マンCと契約とか見栄えはいいけど…」
「まるで別世界にいるよう」神戸FWボージャンが母国紙に語った日本の印象。とくに感銘を受けたのは?「お気に入りになった」
「ハタテを長く留めるのは困難だ」旗手怜央のプレミア移籍の可能性に英国人記者が言及!「セルティックでは競争できない」
世界的名手イニエスタが『過去対戦して最も衝撃を受けた選手』は? スペイン代表で共闘した盟友の名を挙げる

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ