「日本ではブラジルよりもはるかに…」神戸FWリンコンがJリーグで受けた衝撃を母国メディアに告白!「適応が難しかった」【2021総集編】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月31日

「来シーズンは1年目よりも間違いなく良くなる」

ブラジル・メディアのインタビューで神戸での最初のシーズンを振り返ったリンコン。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今年も残すところあとわずかとなった。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、ヴィッセル神戸のFWリンコンがJリーグでの1年目を振り返った記事を再掲する。母国ブラジルのメディアに語ったのは、適応の難しさだった。

記事初掲載:2021年12月16日

―――◆――◆―――

  ヴィッセル神戸のFWリンコンが、母国メディアでJリーグ1年目のシーズンを振り返った。

 12月16日でちょうど21歳となるリンコンは、ブラジルの年代別代表で活躍。今年1月に神戸への加入が発表された際には、小さくない話題となった。

 しかし、コロナ禍の影響で合流が4月下旬となり、6月からは故障のため、約3か月に渡って戦線を離脱。公式戦18試合(うち先発は3回)で、わずか1ゴールに終わった。

 ブラジル・メディア『GLOBO』のインタビューで、リンコンは「言葉のせいで、すぐ適応するのは難しかった」と語っている。

「監督の指示は通訳がいるけど、最初のほうはチームメイト全員とコミュニケーションをとることができなかった。トレーニング中はもちろん、ピッチ外の外でも難しい状況になってしまった」

【動画】ついにそのポテンシャルを発揮!リンコンが決めたJリーグ初ゴール
 名門フラメンゴからやって来たストライカーは、「適応の難しさとチームで果たさなければならない新しい役割に加えて、故障で何試合か欠場することになったのが、足を引っ張った」と明かし、「怪我は回復しているから、来シーズンは1年目よりも間違いなく良くなるだろう」と意気込んでいる。

 日本のサッカーに驚かされた部分もあったようだ。「ボールを持たない選手が、ブラジルよりもはるかによく動くし、速い。試合のペースも非常に速い」と、母国とのサッカーの違いについて語っている。

 国外初挑戦となる神戸でのファーストシーズンは、本領を発揮できなかったリンコン。本人が語ったように、2年目の飛躍に期待がかかる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「衝撃だった」神戸FWボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」
「全員のことを気に掛けてくれる」神戸FWリンコンがイニエスタの振る舞いを称賛!「彼を見ているだけでも…」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出【2021総集編】
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」【2021総集編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ