【セルジオ越後】まさに伊東の独り舞台だった2連戦!南野にも得点は生まれたけど、まだまだ輝きを感じないよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年02月01日

2連戦で生まれた4ゴール全てに絡んだ伊東。南野は得点シーン以外でゴールの匂いがしない

サウジ戦でゴールを決めた伊東と南野。しかしセルジオ氏は南野の出来には納得がいかなかったようだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦は2-0で日本が快勝。ホームでの連勝というノルマを達成し、またワールドカップ出場への確率を高められたのは良かったんじゃないかな。

 立ち上がりはサウジアラビアがボールを支配していて、苦戦する気配もあったけど、今回は日本がきっちりと堅い守備で跳ね返して、南野の最終予選初ゴールで先制。後半に入ると、サウジアラビアの運動量が途端にガクッと落ちた。伊東が決めたゴールがトドメになったと言っても過言じゃなかったね。その後は追加点こそなかったけど、危なげなく試合を終わらせることができた。
【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-0サウジアラビア|伊東が1G1Aの大活躍!7大会連続W杯出場に王手
 前回の対戦の時との違いは、やっぱり中盤が3枚になって、遠藤をアンカーにして、両脇に田中碧と守田を配置し、守備の強度が格段に上がったところ。以前は相手の重圧を受けて支えきれずに失点してしまっていたけど、4-3-3にしてからは流れの中で得点を許していない。守りのほうはしっかり整備されてきていたから、代わってディフェンスラインに入った板倉や谷口も守りやすかったんじゃないかな。

 そして攻撃ではなんといっても伊東が乗っているね。ゴールは凄まじいファインショットだったし、アシストも伊東のスピードじゃなければクロスへ持っていけなかったよね。中国戦は先制PKを獲得して、1ゴールをゲット。サウジ戦でも、1得点・1アシスト。全4ゴールに絡んでいる。まさにこの2連戦は独壇場ともいうべき活躍だったね。

 その一方で、最終予選で初ゴールを決めた南野だけど、まだ彼本来の輝きを感じられない。DFをかわしてからのゴールはなんとか決まって良かったけど、あの得点シーン以外はどうもゴールの匂いがしない。シュートを打っても枠を外すし、印象的なプレーが少ないんだ。むしろ、ファウルで危ないところを止めに行ったり、ゴール近くまで下がって守ったり、それ自体は悪いことではないが、攻撃よりも守備のほうに重心がいっているようだ。

 もちろん、監督の指示を忠実に守って、隙の無いディフェンスをつくり出していることに繋がっていると思うけど、南野に期待されている仕事ってもっとゴールに絡むことじゃないのかな。その証拠に、伊東はフル出場するけど、南野は必ず毎回途中で交代させられている。ようやく、ゴールはできたけど、まだまだ物足りない。もっともっとゴールの雰囲気を漂わせて、しっかりチャンスをモノにする。次のオーストラリア戦でそれが出来たら、ようやく復調してきたと見るべきじゃないかな。
 
【関連記事】
「全く何もできなかったじゃないか」森保ジャパンに完敗で、サウジ国民は怒り!「日本から本物のプロが構築する攻撃を学んだよ」
【日本2-0サウジアラビア|採点&寸評】計り知れない伊東の貢献度。中盤トリオ、谷口、酒井らも難敵撃破に奮闘
「勝つにふさわしい内容」サウジ指揮官が日本を称賛! 敗戦の要因は「技術的に優れていなかった」
まさに圧巻。サウジの心をへし折った伊東純也は今や日本代表のバロメーターだ【編集長コラム】
「凄まじいプレッシャーだ」サウジ撃破で5連勝の日本代表に豪メディアが反応!「直接対決はあるが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ