【三浦泰年の情熱地泰】甥の格闘家デビューに、選手権は親交ある両監督の激突。そして弟カズの移籍…少しざわついた年末年始

カテゴリ:連載・コラム

三浦泰年

2022年01月16日

大晦日は「RIZIN」でカズ次男の孝太がデビュー。陰ながら応援したい!

高校選手権は青森山田が大津を下して3大会ぶり3度目の優勝を飾った。写真:徳原隆元

画像を見る

 多くを語ることは避けよう。そう! 静かに闘志を燃やすしかない。

 2022年。初めての『情熱地泰』だ。少し遅くなったが、「新年明けましておめでとうございます」。

 2021年から2022年を迎える年末年始。サッカー界は天皇杯決勝、地域リーグの入れ替え戦、選手権と多くの試合に感動が生まれていた。

 僕の年末年始は例年に比べれば落ち着かない少しざわつく感じはした。
「血が繋がってるんだな~」と強く感じた年の暮れでもあった。

 2021年最後の日は毎年恒例ではあるが、紅白歌合戦にチャンネルを合わせる。フライングでおせち料理を摘まみ、年越し蕎麦を食べる。
 
 プラス、この日は14時過ぎからカズの次男、僕にとって親戚の孝太の「RIZIN」の試合に合わせてTV画面の前で有料チャンネルをセットし、孝太の格闘家としてのデビュー戦を観戦した。

 サッカー畑のファミリーで、まさか孝太が格闘技の道へ進むとは思ってもいなかった。中学3年間は僕が代表を務めるトッカーノU15に所属していたサッカー少年が選んだ道が、この華やかな舞台だった。

 実力も何も全く分からないまま、見る方は心配、不安の一言。結果は1ラウンドKO勝ちであったが、それは怖い紙一重の世界である。

 勝利の瞬間、思わず声を荒上げてしまった僕は、改めて弟の息子に「血が繋がってるんだな~」とホッとした。

 専門家ではないので、試合の感想や評論、今後の彼への提言などは避けるが、凄い世界に飛び込んだ孝太の勇気を陰ながら見守り、応援し続けたいと思う。

 年末は高校サッカーを生で1試合のみ観戦。決勝はTVで観戦した。日本代表のアウェー戦が地上波で放送しなくなったとはいえ、高校サッカー選手権は4チャンネルに合わせればしっかり観戦できる。テレビから流れる「振り向くな君は美しい」のメロディーは、いつも心を純粋な澄んだ気持ちにする。

 青森山田、優勝おめでとう!! 黒田監督、「凄いね~」。
 実は、僕がタイで監督をしている時に、彼は練習を見に来てくれた。謙虚な勉強家である。努力が実った瞬間であった。

 大津高校、準優勝おめでとう!! 平岡総監督は同じ年の親友みたいな仲。
 実は、彼とは中学時代に熊本と静岡で文通をしていた。アンダーカテゴリーの日本代表では、よくプレーを盗みあったものだ(笑)。公立高校が国立の舞台を踏むのは簡単なことではない。平岡総監督、「素晴らしい指導をしてるんだな~」。

 両校の皆さん本当にお疲れさまでした。そして「ありがとうーーー」。
 
【関連記事】
なぜ、カズはカズであり続けるのか――鈴鹿移籍の舞台裏と、何も「変わらない」奇跡
【三浦泰年の情熱地泰】会食の場で気軽な発言はできない…日本代表の選手選考は本当に難しい
「パリSGより3歳年上の彼が…」カズの現役続行に米メディアが驚嘆! ファンも驚き「リタイアという言葉を知らないのか?」
【三浦泰年の情熱地泰】最近見たサッカーより面白かった「日本シリーズ」。同時に覚えた危機感の元は?
【三浦泰年の情熱地泰】全米女子オープン優勝の19歳に感じたプロ意識の高さ。試合の価値を勝手に決めつけてはいけない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ