「一緒にパリ五輪行くよー!」脊髄損傷の相澤ピーターコアミへ、元日本代表や同世代GKから激励の声続々!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月14日

「同じトライアウトに一緒に試合に出たGK同士、何かの縁だと思う」

脊髄損傷から回復に進む相澤へ、多くのGK仲間から激励のメッセージが寄せられている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 脊髄損傷の大怪我から、運動が可能な状態まで回復した相澤ピーターコアミへ、GK仲間から続々と温かい声が寄せられている。

 現在20歳の相澤は、昨シーズン限りでジェフユナイテッド千葉との契約が満了。昨年12月9日にはJリーグ合同のトライアウトに参加したが、プレー中に選手と接触し、中心性脊髄損傷の大怪我を負った。

 容態が心配されていたが、千葉が年明けの1月12日にツイッターで、動画とともに本人の状態を報告。動画では笑顔でボールを蹴る姿などが映っており、「元気な姿が見れて嬉しい」など、ファンからも安堵の声が多く寄せられていた。

 気にかけていたのはファンだけではない。FC東京に所属する元日本代表GKの林彰洋は自身のSNSで、「キーパーの仲間として、怪我をしてる一人としてボール蹴れる状況まで来れて本当に良かった」と発信している。
 
 また、同じトライアウトに参加していた京都サンガF.C.の松原修平は、「トライアウトの時、対戦相手のGKとして凄く心配してました」と振り返り、「同じトライアウトに一緒に試合に出たGK同士、何かの縁だと思うので、お互いにこれから頑張っていこう!」と温かい言葉をかけている。

 相澤と同学年でパリ・オリンピック世代であるベンフィカU-23の小久保玲央ブライアンは、「お帰りピーター!! ゆっくり焦らずね! お互いに頑張ろう! 一緒にパリ五輪行くよー!!」と激励。これには本人も「ありがとブライアン! 絶対に一緒に行こう!」と返し、共闘を誓った。

 GK仲間たちからのメッセージを支えに、相澤のゴールマウスに立つ姿がふたたび見られることを願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「ここから頑張ります」相澤ピーターコアミが退院を報告! ファンへ向けてメッセージ
 
【関連記事】
「無事退院できました」トライアウトで脊髄損傷の相澤ピーターコアミが現状を報告。ファンへのメッセージ動画を公開
「外すほうが難しい」ガラ空きのゴールに…南野拓実の決定機逸に海外メディア反応「『最悪のミス』とファンを驚かす」
「ニンジャみたいなゴール!」中島翔哉の技ありミドル弾に現地メディア驚嘆!「完全に意表を突いた」
「サッスオーロ感すごい」「カッコ良い色味」極太ストライプが派手な相模原の22年新ユニが話題!
「このタオルは販売して欲しい」神戸の菊池流帆がM-1王者に記念品プレゼント! 錦鯉が写真付きで感謝の投稿

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ