【横浜】王座奪還に向けて始動。アタッキング・フットボールのさらなる進化へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2022年01月13日

シャトルランなど初日からハードなメニューこなす

横浜は、始動日から精力的にトレーニングを行なった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜F・マリノスは1月12日、横浜市港北区の日産フィールド小机で2022年シーズン初めてのトレーニングを行なった。

 少し冷たい風が吹く中、青空が広がるグラウンドに集まったのは新型コロナウイルスの影響で合流できなかった外国人選手を除くメンバーだ。

 まずは全員でランニング。「今日は初日ということで、今まで以上に年下の選手も増えましたし、新加入選手も緊張している様子だったので、僕とか元々いる選手が少しでも声を出して馴染めやすいように雰囲気づくりを意識してやりました」と練習後のオンライン会見で畠中が語ったように、チームは和やかなムードでスタートした。

 グループに分かれて始まったパス回しは、ベテラン選手が率先して大きな声を出す中で、徐々にテンポが上がっていった。そしてミニゲームやシャトルランではムードが一変。ハードなメニューもこなし、約1時間の初日練習を終えた。

「半分近くの選手が入れ替わりましたが、F・マリノスで求められることは変わりません。初日からこれだけ上げていくのは、今年も走力を求められるという意思表示だと思いますし、これくらいは走らないといけないサッカーをやっています。いよいよ今シーズンのスタートだと実感しました」(畠中)。
 
 複数のチームからの誘いを断って残留を決めた水沼も、「長い時間試合に出たいというのが今季の第一目標です。昨年届かなかったアシスト二桁を達成したいです。全力でやって結果を残せれば、まだまだ成長できると思っています」と意気込む。

 昨季、横浜F・マリノスはリーグ戦が2位、ルヴァンカップはグループステージ敗退、天皇杯では2回戦敗退と無冠に終わった。一方で、シーズン途中に就任したマスカット監督がアタッキング・フットボールをしっかり継承し、総得点数は川崎を上回るリーグトップの「82」を記録した。そしてクラブ30周年を迎えるメモリアルイヤーの今季、当然ながら狙うは王座奪還。9日の新体制発表会でも黒澤良社長がこう強調していた。

「アタッキング・フットボールでタイトルを獲れるようにチャレンジをしていきます。そして夢と活力をもたらせるクラブを目指して成長していきたいと思います」

取材・文●金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

【始動日PHOTO】西村、藤田譲瑠チマ、永戸!横浜が獲得した注目の豪華新加入選手をピックアップ!

【PHOTO】横浜の始動日に登場!蔚山現代への期限付き移籍が決まった天野純!

【PHOTO】豪華新戦力を迎えて狙うはリーグ制覇!横浜 F・マリノスの始動日を特集!
 
【関連記事】
「代表に出して拘束。話にならん」神戸・三木谷会長が国内組の隔離措置にNO!「頭おかしんじゃないの??」
「不可解な判定」久保建英のゴール取り消しに番記者が見解! 復帰戦の評価は?「いつものキレはなかったが…」【現地発】
「恐ろしい状況に直面した」90分経たずに試合終了…主審の大失態で敗れたチュニジア監督が激怒! 30分後の再開を拒否した理由も明かす
「無事退院できました」トライアウトで脊髄損傷の相澤ピーターコアミが現状を報告。ファンへのメッセージ動画を公開
王座奪還へ横浜が新体制発表! パリ五輪世代期待のボランチは「一番嫌だったチームからオファーが来て嬉しかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ