「どうして片方だけ?」マンCに逆転負けのアーセナル、モニターチェックの一貫性のなさに不満爆発!「矛盾がある」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月03日

「レフェリーが自分でチェックすればいいじゃないか」

ウーデゴー(右)がGKエデルソンと接触し転倒した場面で、主審がモニターをチェックすることはなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の運用を巡って、アーセナル側が不満を爆発させている。

 現地時間1月1日に開催されたプレミアリーグ第21節で、冨安健洋の所属する4位のアーセナルは首位のマンチェスター・シティとホームで対戦。31分にブカヨ・サカが幸先よく先制点を奪うも、57分にPKでリャド・マハレズに同点弾を許すと、その2分後にはガブリエウ・マガリャンイスが2枚目のイエローカードを受け退場となったなかで、後半アディショナルタイムにロドリに勝ち越し点を献上。リーグ戦10連勝中のシティに痛恨の逆転負けを喫した。

 ただ、この敗戦は素直に受け入れられない部分があるようだ。英公共放送『BBC』によれば、コロナ感染の影響で不在のミケル・アルテタ監督の代役として指揮を執ったコーチのアルベルト・スタイフェンベルグは「VARを導入しているのだから、レフェリーが自分でチェックすればいいじゃないか。そうしなかったことにがっかりしている」と、モニターチェックの一貫性のなさに苦言を呈した。

 開始10分にマーティン・ウーデゴーが、ペナルティエリア内で相手GKエデルソンと接触し倒れるも、笛は吹かれず。主審がモニターで当該シーンを確認することもなかった。しかし、57分のグラニト・ジャカがベルナルド・シウバを倒した場面では、一度はノーファウルとなりながら、オンフィールドレビューの末に、判定が変更されていたのだ。

【動画】判定変更から流れが急変!冨安もフル出場のビッグマッチをチェック
 
 守護神のアーロン・ラムスデイルも納得がいかないようで、「2つの件を踏まえると、(片方だけ)モニターを見に行くことに矛盾がある」と疑問を投げかけている。

「(主審は)リアルタイムではどちらもノーペナルティと言ったのに、片方だけ見るように指示された。彼らのシーンはソフトだったけど、見るように言われ、ペナルティを与えてしまったんだ」

 一方、敵将のジョゼップ・グアルディオラ監督は「ベルナルド・シウバのはペナルティだ。マーティン・ウーデゴーについては、シャワーを浴びてからここに来たので(リプレイで)見ていない」と煙に巻いている。

 2022年もVAR論争が尽きることはなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】冨安がゴッドフリーに顔を踏みつけられた決定的瞬間! 現地でも物議を呼んでいるシーン(27秒~)

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「トミヤスには勝てなかった」スターリング封じの冨安健洋にチーム最高評価!「特に10人になった後のプレーは…」
「史上最高のアジア選手トップ20」を英メディアが選出! 日本から最多の7人がランクイン、ソン・フンミンを抑えての1位は?【2021総集編】
「見よ! 信じられるか!」高川学園の“グルグル円陣ゴール”が世界中で話題沸騰!「夢のような作戦だ」【選手権】
「史上最も長い助走」流経大柏DFが披露した超小刻みステップPKに海外反響!「日本の高校サッカーは常識はずれの…」
「止められへん、上手すぎる」“鮮烈3人抜き弾”の静学10番・古川陽介に相手チームも衝撃!「宮崎県にはいない。飛び抜けている」【選手権3回戦】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ