「止められへん、上手すぎる」“鮮烈3人抜き弾”の静学10番・古川陽介に相手チームも衝撃!「宮崎県にはいない。飛び抜けている」【選手権3回戦】

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年01月02日

初戦でも圧巻のゴールをマーク

衝撃のドリブル弾を決め、ポーズを取る古川。写真:徳原隆元

画像を見る

[高校選手権3回戦]宮崎日大0‐8静岡学園/1月2日(日)/フクダ電子アリーナ

 静学の10番が、またも度肝を抜くゴールを決めた。

 1月2日に開催された第100回全国高校サッカー選手権の3回戦で、優勝候補の一角に挙げられている静岡学園が、2回戦で大会初勝利を挙げた宮崎日大と対戦。前半9分に川谷凪が決めた先制点を皮切りに大量8ゴールを奪い、8₋0の圧勝を飾った。

 とりわけ観衆がどよめいたのが、前半32分に決まった3点目だ。左サイドのハーフウェーラインを過ぎた辺りでボールを受けたMF古川陽介が、得意のドリブルで2人を抜き去ると、最後は右足でシュートフェイントをかけてDFをかわし、左足でフィニッシュ。見事な一撃を突き刺してみせた。

【動画】キレキレのフェイントに相手選手も脱帽!静学の10番・古川陽介が決めた鮮烈弾
 卒業後はジュビロ磐田に入団する静学の10番は、初戦の徳島商戦でも、テクニカルなドリブルからワンツーを挟んで、最後は同じくシュートフェイントで相手の裏をかく圧巻のゴールを決めていた。

 警戒されるなか、この日も十八番のドリブルで再三に渡って敵陣を切り裂き、前述の3人抜き弾に加えて、正確なクロスで2アシストをマーク。その実力を存分に発揮した。

 卓越した打開力には、宮崎日大の選手たちも衝撃を受けたようだ。キャプテンのGK羽間友基は、「(宮崎)県大会にはいない、飛び抜けている。レベルの高さを感じました」とコメント。またチームメイトたちは、「止められへん、上手すぎる」と口々に言っていたという。

 この古川を止められるチームはあるのか。4日に行なわれる準々決勝では、尚志、矢板中央という強豪を連破して意気上がる関東一と対戦する。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

【高校サッカー選手権PHOTO】応援マネージャーを務める茅島みずきさんが国立に登場!華麗なダンスも披露!
 
【関連記事】
「キャプテン翼かよ」静学のドリブラー古川陽介の衝撃ゴラッソに海外反響!「日本のメッシだ」【選手権3回戦】
【選手権】準々決勝の組み合わせが確定! 覇権奪還を狙う青森山田は堅守自慢の東山と激突
「見よ! 信じられるか!」高川学園の“グルグル円陣ゴール”が世界中で話題沸騰!「夢のような作戦だ」【選手権】
「史上最も長い助走」流経大柏DFが披露した超小刻みステップPKに海外反響!「日本の高校サッカーは常識はずれの…」
「情けない」尚志の怪物DFチェイス・アンリ、大会無失点での敗退に号泣「決めてほしかった…」【選手権2回戦】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ