【選手権】準々決勝の組み合わせが確定! 覇権奪還を狙う青森山田は堅守自慢の東山と激突

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月02日

新国立への切符を懸けた4試合はいずれも好カード

苦しみながらも難敵・阪南大高を下した青森山田。試合巧者ぶりを見せつけた。写真:田中研治

画像を見る

 第100回全国高校サッカー選手権は1月2日、首都圏各会場で3回戦の8試合が開催され、ベスト8が出揃った。

 優勝候補筆頭の青森山田(青森)は攻撃陣が好調の阪南大高(大阪)を苦戦の末に退けた。準々決勝では、長崎総科大附(長崎)に競り勝った堅守自慢の東山と激突。両者は今年のインターハイ準々決勝でも対戦し、その際は青森山田が5-2で勝利している。

 3試合で14ゴールと猛威を振るう静岡学園(静岡)は、矢板中央(栃木)との激闘を制した関東一(東京B)と対峙。桐光学園(神奈川)は高川学園(山口)と、前橋育英(群馬)は大津(熊本)と雌雄を決する。

 1月4日に行なわれる準々決勝の対戦カードは以下のとおり。

◆準々決勝(1月4日)の対戦カード
[等々力]
第1試合:青森山田(青森)vs東山(京都)
第2試合: 桐光学園(神奈川)vs高川学園(山口)
[フクアリ]
第1試合:前橋育英(群馬)vs大津(熊本)      
第2試合:静岡学園(静岡)vs関東一(東京B)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「面白いぞ!」高川学園が決めた“グルグル円陣”からの一発を海外プロ分析官が絶賛!「ほぼ阻止不可能だ」【選手権】
「史上最も長い助走」流経大柏DFが披露した超小刻みステップPKに海外反響!「日本の高校サッカーは常識はずれの…」
「止められへん、上手すぎる」“鮮烈3人抜き弾”の静学10番・古川陽介に相手チームも衝撃!「宮崎県にはいない。飛び抜けている」【選手権3回戦】
「ふり向くな君は美しい」誕生秘話。名曲はなぜ敗者の賛歌となったのか【選手権100年】
なぜ東福岡は伝説の3冠を達成できたのか…名将・志波芳則に問う(前編)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ