選手権初ゴールは研鑽とひらめきが生んだセットプレー弾!宮崎日大が創部59年目の初勝利!【選手権2回戦】

カテゴリ:高校・ユース・その他

渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年01月01日

「小さな積み重ねが結果に繋がるんだな」

宮崎日大の選手権初ゴールは2年生DF外山が記録した。写真:徳原隆元

画像を見る

[高校選手権2回戦]宮崎日大1-0富山一/12月31日(金)/フクダ電子アリーナ

 2年連続2回目の出場となる宮崎日大が創部59年目にして、選手権で待望の初得点&初勝利を挙げた。

 立ち上がりは、7年連続32回目の出場となる伝統校・富山一に圧倒される。ルーズボールをことごとく奪われると、2分に大井優太郎(3年)に決定機を作られる。ペナルティエリア内至近距離のシュートをGK羽間友基(3年)が身体を張って食い止め事なきを得るが、危ない場面が続いた。

 DF外山将大(2年)が、「ガチガチで緊張していた」と語れば、朝倉大志監督も、「今日は自分たちの目指すサッカーが上手くできなかった」と認めるほど。

 それでもなんとか無失点で凌ぎ続けると、後半33分に歓喜の瞬間が訪れた。
 
 ペナルティエリア左手前でFKを得ると、キッカーの芥川蘭丸(2年)は、「直接狙おうと思っていたが、GKとディフェンスラインの距離が空いていたので、そこに入れれば合わせてくれると思った」とクロスを選択。

 鋭いボールに反応した外山がマークを振りほどき、頭でジャストミートさせネットを揺らした。

 外山は、選手権初得点に「素直にうれしかった」とし、「アシストしてくれたボールの質が素晴らしくて、僕もビックリしました。昨日もセットプレーの練習をしていましたが、あの形は初めて」と語る。

 また、ヘディングシュートについては、朝倉監督と二人三脚で練習を積み、「小さな積み重ねが結果に繋がるんだな」と実感したという。

 日々の研鑽とその場のひらめきが融合したこのゴールが決勝点となり、宮崎日大が選手権で初勝利を収めた。

 3回戦にコマを進めた宮崎日大は、指揮官が「今大会の目標」として掲げるベスト8以上をかけ、次戦で2大会前の覇者、静岡学園に挑む。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

【高校サッカー選手権2回戦PHOTO】富山第一0-1宮崎日大|宮崎日大が外山の値千金のゴールで白熱の攻防を制す

【高校サッカー選手権PHOTO】応援マネージャーを務める茅島みずきさんが国立に登場!ハーフタイムには華麗なダンスも披露!
 
【関連記事】
【選手権】ベスト16の組み合わせが確定! 青森山田vs阪南大高、帝京長岡vs桐光学園、静岡学園vs宮崎日大など好カードが目白押し!
帝京長岡の「大黒柱」が躍動! 超絶ボレーに魅惑のドリブルで観衆をどよめかす!【選手権】
「情けない」尚志の怪物DFチェイス・アンリ、大会無失点での敗退に号泣「決めてほしかった…」【選手権2回戦】
【選手権】注目の下級生ベスト11! ブレイク必至の次世代のスターは!? 神村学園の“2年生コンビ”や鹿島学園の俊足MFも!
「ふり向くな君は美しい」誕生秘話。名曲はなぜ敗者の賛歌となったのか【選手権100年】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ