【W杯本大会|日本のスタメン11人を占う】強豪相手に勝機を見出すなら5-2-3。3バックには冨安、板倉、中谷を推したい

カテゴリ:日本代表

西部謙司

2021年12月28日

GKはビルドアップ能力がないと厳しいので谷を抜擢

西部氏が選出したカタールW杯本大会を想定したメンバー。

画像を見る

 2022年11月21日に開幕するカタール・ワールドカップ。その時、世界の舞台でベスト8以上を目指す森保ジャパンのスタメンはどんな顔ぶれとなるか。まだアジア最終予選を突破したわけではないが、本大会を約1年後に控えたこのタイミングで、“理想の11人”について識者に見解をうかがった。
文●西部謙司(スポーツライター)

――◆――◆――
【PHOTO】1月のウズベキスタン戦に臨む日本代表招集メンバー22名
 システムは5-2-3にした。グループリーグの少なくとも1か国は強豪国と対戦しなければならず、ノックアウト・ラウンドでも強豪国と当たる可能性は高い。日本がボールを支配する展開にはなりにくく、ハイプレスしても相手によってはボールを奪えず逆にカウンターされてしまうリスクが高くなる。ある程度引き込んで守るゲームを想定するなら、5バックしか選択肢はない。EUROでも強豪国と対戦する中堅以下のチームはほとんどが5バックだった。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)では4-2-3-1でグループリーグを突破したが、日本は前半早々に10人になっていたコロンビアに勝っただけで、セネガルには劣勢の流れからドロー、ポーランドは最後のところで駆け引きになったので正当な評価は難しいが結果は負けている。ラウンド16ではベルギーに逆転負けだった。優勢で勝てた試合はコロンビア戦だけなのだ。

 MFとFWの構成は2-3と3-2が考えられるが、ボランチ2枚と1トップ+2シャドーのほうが守備の分担が明確なので混乱が少なく、前線3人の自由度もある。ボランチ以外は基本的に担当レーンの上下動なので馴染むのに時間もかからない。

 GKはビルドアップ能力がないと難しいので谷晃生とした。自陣に引きっぱなしではいずれ失点してしまう。ゴールキックからビルドアップして敵陣に運べないと試合の流れを変えられない。ロシアW杯のベルギー戦がそうだった。GKの足下の技術は必須で、それがなければ自陣で数的優位を作れないので、引くことを前提とした場合に死活問題になる。

 3バックは速さがないとカウンター対応が厳しいのでスピードを重視。守備を固めていれば、相手が強豪国でも簡単に失点はしない。危ないのは自陣でのミスと日本が攻め込んだ後のカウンターアタックである。中谷進之介、冨安健洋、板倉滉の3人はカウンターを寸断する速さとタックルの上手さがある。ラインコントロールも非常に重要で、遅いDFが1人でもいるとズルズル引くことになってしまう。ある程度は強気でラインを止めて対処しないと守り切れない。3人とも速いことが条件になる。

 冨安と板倉はビルドアップ能力が高いので3バックの両脇に配置する。3バックのセンターではなく、両脇がビルドアップでの持ち上がりや前方へのパスでキーマンになるからだ。3バックのバックアップはボランチも兼任できる谷口彰悟とする。
 
【関連記事】
【W杯本大会|日本のスタメン11人を占う】吉田も安泰と言えず。伊藤や板倉の急変貌で冨安のSB起用も視野に
【W杯本大会|日本のスタメン11人を占う】代表でも“フロンターレ崩し”に期待。左SBは可変対応できる板倉滉
【セルジオ越後】ウズベク戦は財政難の協会に必要な興行マッチ。最終予選への強化や調整にはならないよ
JFAが日本代表の2022年間スケジュールを発表!11月のカタールW杯に向け、森保Jは1月から始動
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ