「正直、大半の選手が理解できていない」シャビが嘆いた“ポジショナルプレー”の喪失。なぜバルサは自らのサッカーを忘れたのか【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2021年12月27日

10番の積み重ねるゴールと獲得するトロフィーが弱体化をカモフラージュしていた

シャビ就任後も劇的な改善が見られないのがいまのバルサだ。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナが自らのフットボールを忘れた。

 2009年から2015年までバルサは世界の頂点に君臨していた。しかし2015年に最後にチャンピオンズ・リーグを制覇したのを境に、その独自のアイデンティティに裏打ちされたオートマチズムを徐々に失っていった。2015年はくしくもシャビが退団した年でもある。先日、エルチェ戦後に現在監督として再建に乗り出している彼が強い口調でその劣化ぶりを訴えた。

「わたしは6年間バルサを離れていたけど、戦術面において驚かされたことが少なくない。気になるのは、3人目の動き、フリーの選手の見つけ方や作り方、誰がどこにプレスにいくのかなどのイメージの共有の不足だ。バルサでは11歳からポジショナルプレーを習得する。でも試合中に十分に指導が行き届いていないのではないかというシーンに出くわす。

 正直言って大半の選手が理解できていない。誰の責任かは分からない。いま改善に取り組んでいるところだが、想像以上に苦労している。バルサは見失ってしまったモデルを取り度さなければならない。それが明るい未来へ繋がる道になるはずだ」

【動画】まさかのCL敗退!バルサが粉砕されたバイエルンのハイライト
 バルサは長年リオネル・メッシに依存してきた。10番の積み重ねるゴールと獲得するトロフィーが、チームの弱体化をカモフラージュしていた。しかし、その太陽のようにチームを照り付けていたエースがパリSGに移籍。残された選手たちは図らずも“天候不順ぶり”を晒すことになったのだ。

「僕は(ジョゼップ)グアルディオラとルイス・エンリケの下で長い時間プレーする幸運に恵まれた。間隔を置かずに彼らから指導を受けたことでフットボールへの理解が深まり、戦術の知識を増やすことができた」

 メッシは、あるインタビューでグアルディオラとルイス・エンリケにこう感謝の言葉を贈ったが、これは決して偶然ではない。

 バルサはレアル・マドリーとは異なり、いつの時代もチーム作りにおいて監督が重要なウェイトを占めてきた。それを極論してバルサのフットボールはヨハン・クライフとグアルディオラの作品と指摘するアナリストもいるほどだ。

 もちろん前出のルイス・エンリケに加え、フランク・ライカールト、エルネスト・バルベルデ、さらにスポーツ・ディレクターのチキ・ベギリスタインやアンドニ・スビサレッタらバルサスタイルの発展に貢献した人物は他にもいる。

 しかし、グアルディオラからバトンを引き継いだティト・ビラノバとヘラルド・マルティーノは“ペップ・バルサ”が残していったレガシーを引きずったような政権だったし、2015年にスビサレッタが解任され、ドリームチームの色が完全に消された。

 その後、ルイス・エンリケの下でメッシ、ルイス・スアレス、ネイマールが形成するトリデンテの得点力を前面に押し出して一時持ち直したが、バルベルデ、キケ・セティエン、ロナルド・クーマンと監督が交代するたびにその威力は失われていった。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「日本人にはオススメできない」中村俊輔がスペインで“自信を喪失”した理由を明かす!「久保君や乾君は本当に凄い」
「これが現実なんて腹立たしい」屈辱のCL敗退にシャビ監督が怒り!「もっと要求しないと、バルサなんだぞ」
「皆が驚いている」ピピの名を捨てた中井卓大の“変貌”にマドリー関係者が感嘆!有力紙記者も太鼓判「夢の実現に近づいた」【2021総集編】
「トミヤスを失ったのは大きな痛手だ」冨安健洋のコロナ陽性に現地衝撃!ファンも嘆き「今季最大の試練」
なぜ中国のエースは空港で日本の欧州組を撮影し、反響を呼ぶ投稿をしたのか。その真意を激白!「僕は何度も言ってきた」【2021総集編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ再始動!
    3月23日発売
    欧州組集結でどう変わる!?
    新生日本代表
    ニューガイドブック
    Jクラブ戦術“魅力度”ランクも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 2026年W杯へリスタート!
    3月16日発売
    3年後への新たな戦い
    FIFAランク
    上位100か国
    最新スカウティングレポート
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ