「なんて美しい!」奥川雅也が打点の高いヘッドでブンデス今季4点目! ビーレフェルトを5試合ぶりの2勝目に導く先制弾

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月15日

ボーフムの浅野はベンチ外

ボーフム戦で鮮やかなヘッド弾を決めた奥川(右)。83分までプレーした。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月14日に開催されたブンデスリーガの第16節で、奥川雅也が所属するビーレフェルトは、浅野拓磨がベンチ外となったボーフムとホームで対戦した。

 この試合で、貴重な先制ゴールを叩き出したのが奥川だ。スコアレスで迎えた51分、右サイドからパトリック・ヴィマーが上げたクロスに、敵DFと競り合いながら打点の高いヘッドで合わせ、鮮やかにネットを揺らしてみせた。

【動画】「なんて美しい!」 奥川雅也が決めた打点の高いヘッド弾をチェック
 
 25歳のアタッカーは、これが11月10日のヴォルフスブルク戦(ブンデスリーガ第12節)以来、今シーズンのリーグ戦4点目(公式戦5点目)となった。

 クラブの公式ツイッターは、このゴールが決まると、「オクガワがヘッドでネットを揺らした。なんて美しい!」とツイートしている。

 試合は69分にヴィマーの追加点でリードを広げたホームチームが、2‐0で5試合ぶりの今季2勝目を飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「素晴らしいループ」現地メディアも絶賛! 奥川雅也が決めた電光石火の“技あり弾”

【動画】名手ゾマーとの1対1を制す!奥川が決めたブンデスリーガの今季初ゴール
 
【関連記事】
冨安健洋への“顔面踏みつけ”の判定は妥当だったのか。日本人元主審の見解は? 京都の曺貴裁監督は「意図的かどうかではなく…」
「最高の品格だ」負傷欠場の古橋亨梧がベンチ脇で見せた“振る舞い”に現地熱狂!「素晴らしい人間性」
「日本人は疲れたとは言わない」伝説OBブッフバルト、フル稼働の遠藤航の故障を懸念。伊藤洋輝には賛辞「気に入っているのが…」
「日本の皮肉や嘲笑が後を絶たない」収まらない日韓戦圧勝の“お祭り騒ぎ”に韓国メディアが嘆き!「愉快ではない」【2021総集編】
「長谷部誠は今季限りで引退なのか?」フランクフルト番記者が現役続行を猛プッシュ!「彼はまだやれる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ