「焦ったー、外したら殺されてたよ」久保建英が韓国代表MFにこぼした本音。冷静に決めた股抜きシュートに見えたが…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月07日

「もうひとりセンターバックが来ているかと思った」

試合終了間際に劇的な勝ち越しゴールを決めた久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 冷静に決めた股抜き弾――。周囲はそう感じていたが、さすがに緊張感があったようだ。

 現地時間12月4日に開催されたラ・リーガ第16節のアトレティコ・マドリー戦で、今シーズン初ゴールを決めたのが、マジョルカの久保建英だ。

 1点ビハインドの74分から途中出場を果たした日本代表MFは、1‐1に追いついて迎えた後半アディショナルタイム1分、カウンターから裏のスペースに抜け出て独走。最後は世界屈指のGKであるヤン・オブラクの股を抜くシュートで、劇的な決勝点を奪ってみせた。
【動画】名手オブラクの牙城を破る!久保建英が決めた独走からの劇的股抜き弾
 

 試合後、インタビューやファン対応をしてからドレッシングルームに戻ろうとした久保は、韓国代表MFイ・ガンインと遭遇する。肩を組んできた同い年のチームメイトに思わずこぼした言葉を、スペイン紙『MARCA』が伝えている。

「焦ったー。もうひとりセンターバックが来ているかと思った。外したら殺されてたよ」

 落ち着いて決めたように見えた劇的弾だったが、強心臓の20歳も小さくないプレッシャーを感じていたようだ。それでも、そんな緊迫した場面で、世界屈指のスロベニア代表GKの牙城を破ったのは、さすがだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「焦ったー」久保がイ・ガンインに思わず本音をこぼす貴重なシーン 

【画像】久保の腹筋に韓国メディアも注目!イ・ガンインが投稿した“浴室2ショット”

【動画】同点ゴールを見事にアシスト!イ・ガンインのピンポイントFK

【関連記事】
「イ・ガンインは日本人のよう」久保建英が“韓国の至宝”との共存について言及!「仲は良いほう」
「アジアの未来が友情を示した」決勝弾の久保建英とイ・ガンインの“浴室2ショット”に韓国注目!「笑顔とがっちりした腹筋」
「賭けが上手く行った」久保建英はなぜ“股抜き”を選択したのか。名手オブラクを激怒させた決勝弾を生んだ冷静な判断力
「写真カッコよすぎ」久保建英の股抜き弾に冷静な世界最高峰GKが怒り!両雄のコントラストを収めた一枚に絶賛の声「悔しがり方が全てを物語ってます」
「やっば、すごすぎ」「なぜ代表に呼ばれない?」日本人7人出場のSTVV対ユニオンSG戦で最も衝撃を与えたのは? 三笘薫ではなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ