「先発コンビとは比較にならない」途中出場の吉田麻也に伊メディアが賛辞!「ソリッドさが全く違う」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月06日

完敗のサンプは監督解任危機

ラツィオ戦で途中出場を果たした吉田。(C)Getty Images

画像を見る

 前半に3失点しての完敗は、サンプドリアのロベルト・ダベルサ監督を崖っぷちに追いやった。

 12月5日、サンプドリアはセリエA第16節でラツィオにホームで1-3と敗れた。開始7分に先制されると、10分後にも追加点を献上。37分にもチーロ・インモービレにドッピエッタ(1試合2得点)を許し、終了間際に1点を返すのみにとどまった。

 吉田麻也は57分から出場。10分後にラツィオが退場者を出し、3点差という状況でもあったが、投入後に無失点だったこともあり、及第点評価が多い。『Sky Sport』や『Sport Mediaset』、『Gazzetta dello Sport』紙や『Corriere dello Sport』紙など、主要メディアは各々6点をつけている。

 ウェブ系メディアも同様に6点評価。『TUTTOmercatoWEB』は「自分の役割をこなした」と評価。サンプドリア専門サイト『SAMPNEWS24』は「厳しい結果となってからの出場。ミスはなかったが、それはサンプドリアがよりアグレッシブになり、主に相手陣内でプレーしたこともあった」と伝えている。

【動画】吉田が高評価! 途中出場したラツィオ戦のハイライト
 アレックス・フェラーリとユリアン・シャボーの先発CBコンビが「悪夢」などと酷評されたのと比較するかたちで吉田を称賛する評価もあった。

『calciomercato.com』は「日本人が中央を立て直した。フェラーリとは違う。インモービレがいなくなっていたのは確かだが、彼の投入でサンプドリアはより落ち着いた」と報道。『EUROSPORT』も「彼が入ってサンプはソリッドさがまったく違った。フェラーリやシャボーとは比較にならず」と伝えた。

 ミランやインテルといった強豪とも対戦した開幕からの4試合こそ、クリーンシート2試合を含む3失点で守備を評価する声もあったサンプ。だが、以降の12試合でクリーンシートは1回しかなく、29失点を喫している。

 Sky Sportによると、ダベルサ監督は試合後に「失点場面を見るとテレビ画面を壊したくなる」と怒り心頭。指揮官は次節のジェノアとのダービーマッチにクビがかかると言われている。Sky Sportは、すでに元インテルのデヤン・スタンコビッチとの接触があると報じた。

 ジェノアのアンドリー・シェフチェンコ監督も、就任から4試合で厳しい状況にある。両チームとも緊張に包まれているジェノバのダービーは、10日に行われる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「こういうのが観たかった」久保建英の劇的弾後の“振る舞い”が大反響!イ・ガンインとの仲良しぶりも話題!「肩組んでるの熱い」
「アジアの未来が友情を示した」決勝弾の久保建英とイ・ガンインの“浴室2ショット”に韓国注目!「笑顔とがっちりした腹筋」
「やっば、すごすぎ」「なぜ代表に呼ばれない?」日本人7人出場のSTVV対ユニオンSG戦で最も衝撃を与えたのは? 三笘薫ではなく…
「こんな選手は見たことない」リバプールのレジェンドは南野拓実の何に衝撃を受けた?「彼はトッププレーヤーになるはずだ」
「#サウジアラビアのファンは日本に謝罪します」吉田麻也が激怒した“差別的行為”に敵国でハッシュタグ運動が拡大!「国民の間で怒りの波を引き起こす」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ