「頭良すぎる」英代表の超逸材が披露した“トミヤス対策”が反響!「突破させなかった冨安よりすごい」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月04日

「サンチョは賢く秀逸だった」

激しいマッチアップを繰り広げたサンチョ(右)と冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 冨安健洋との“デュエル回避法”が話題となっている。

 現地12月2日に開催されたプレミアリーグ第14節で、冨安が所属するアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドが激突。ホームの後者が3‐2で逆転勝利を飾った。

 敗れたとはいえ、右SBで11試合連続の先発出場を飾った冨安は、1対1の強さを存分に発揮した。

 脚光を浴びているのが、ユナイテッドの左サイドハーフに入ったジェイドン・サンチョとのマッチアップだ。最初の数回のデュエルで冨安が完全に抑え込むと、21歳のイングランド代表FWは、無理に1対1を仕掛けず、間合いをとって周囲を使うようになったのだ。

 ユナイテッドの先制点は、冨安を相手に飛び込まず、パスを選択したサンチョのプレーが起点になったものだった。

【動画】デュエルに強すぎる冨安を見事に攻略!超逸材サンチョの「トミヤス対策」が実ったユナイテッドの先制点
 この“冨安対策”にファンも注目。試合を配信した『DAZN』がハイライト動画を公開すると、コメント欄には次のような声があがった。

「サンチョ。がドリブルで冨安を抜けないってわかって、距離保ちながらプレーしたの頭良すぎる」
「冨安は対人こそサンチョを抑えてたけど、その後のサンチョは賢く秀逸だったな。無理に仕掛けることなくアーセナルの右サイドを崩せていた」
「サンチョに突破させなかった冨安すごいけどそれに対応してパスで2点に絡んだサンチョはもっとすごい」
「サンチョが縦に行けないっ感じた後のパスの出し手に回る引き出しの多さはさすが」
「冨安は基本サンチョ抑えられてたけど、プレスに行かなすぎるとサンチョレベルだとチャンスつくられちゃうね」
「サンチョがすごい。ドリブルで抜けなくても良いパスを出して結果を出してる流石」

 イングランドが誇る超逸材を抑え込んだ冨安も見事だったが、それに対応したサンチョももまた天晴れだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「クレイジーだ」マンU主将の冨安健洋への行為をアーセナル伝説OBが糾弾!「経験のある選手がすることか」
「マッチアップ激アツ」冨安健洋とC・ロナウドの1対1シーンが反響!「ほぼ完璧に止めてた」
「僕はファンから愛されてないと思う」フランクフルト鎌田大地が現地紙のインタビューに赤裸々告白!「移籍せずに残ってよかった」
「真の意味での鉄壁と安心感を提供」アーセナルは敗れるも、輝きを放った冨安健洋を現地メディアが最高評価!
「完全に負けている」躍動する三笘薫がベルギーで直面した課題。練習初日から監督にチェックされた“能力”とは?「できない奴と思われないように…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ