「誰が見てもオフサイドだ」古橋亨梧の決勝ゴールに敵将がブチギレ!「ひどい判定で負けた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月03日

「信じられないジャッジだ」

ハーツ戦で古橋が決めた決勝点が物議を醸している。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月2日に開催されたスコットランド・リーグの第16節で、古橋亨梧の所属する2位のセルティックは3位のハーツとホームで対戦。1‐0で勝利を収めた。

 物議を醸しているのが、古橋が決めた決勝点だ。33分に右SBのラルストンが右サイドから送り込んだ鋭いクロスに右足で合わせ、ワンタッチシュートを決めたのだが、オフサイドラインぎりぎりだったのだ。

 地元メディア『footballscotland』によれば、ハーツのロビー・ニールソン監督は試合後、この判定に激怒。次のように声を荒げた。

「残念だが、我々はセルティックに負けていなかったのに、ひどい判定に敗れることになった。ハードワークをし、チャンスもあったのに、正しい判定が行なわれなかったせいで、このような結果になってしまった」

【動画】オフサイドだった? 敵将が激怒した古橋の巧みな決勝ゴール
 41歳の指揮官は、「信じられない。そのシーンを見ていた。誰もがそれ(オフサイド)に同意するだろう」と主張し、こう続けている。

「人々は『判断は難しい』と言うかもしれない。だが、オンサイドかオフサイドのどちらかだ。ラインズマンはよく見える位置で見ているじゃないか。オフサイドを取るべきだった」

 判定には様々な意見があるものの、見事なワンタッチシュートを決めた古橋は、これでリーグ戦では得点ランクトップタイの8ゴール目。公式戦では14ゴール目となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】 元プレミア得点王も絶賛!古橋がダンディー戦で決めた巧みなヘッド弾

【動画】切れ味鋭いフェイントで敵DFを翻弄!古橋がELで決めた開始3分弾&絶妙アシスト
 
【関連記事】
「リーグ最大のいかさま師だ」古橋亨梧への“ダイバー批判”に地元メディアが猛反論!「陰謀だ、ばかげている」
「真の意味での鉄壁と安心感を提供」アーセナルは敗れるも、輝きを放った冨安健洋を現地メディアが最高評価!
「もっと出ていれば日本は上に行けた」内田篤人が起用法を悔やんだ五輪代表戦士は?「見ていて悔しかった」
「試合中に監督の私に怒鳴ってきた」去就注目の旗手怜央、順大時代の“恩師”堀池巧が明かした秘話に英国メディアも関心!「だったら僕を使わなければいい」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ