【浦和】急成長を遂げる「1タッチ・ゴーラー」武藤雄樹

カテゴリ:Jリーグ

轡田哲朗

2015年07月12日

9ゴール中7得点が「1タッチ」によって生まれた。

第2ステージ初戦でも松本を相手に1ゴール。A代表の予備登録メンバーにも名を連ねた武藤の勢いは止まらない。 写真:徳原隆元

画像を見る

 「6月の月間MVP男」の勢いは、第2ステージに入っても止まらなかった。

 敵地に乗り込んだ松本との開幕戦、浦和の武藤雄樹は開始12分で先制ゴールをマーク。右サイドを突破した森脇良太のクロスを、ファーサイドに走り込んでヘディングで決めた。

「サイドを崩したなかで、この辺に来るだろうと思っていたところに、ピンポイントのクロスが来た。森脇さんに感謝ですね」(武藤)

【J1採点&寸評】全9試合の選手採点&寸評をチェック!

【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・1節

 これで今季のゴール数を9に伸ばし、チーム得点王の座をキープしているが、特筆すべきは、1タッチでのゴールが非常に多いことだ。自身のシュートがポストに跳ね返ったところを押し込んだ、第1ステージ6節・横浜戦のゴールは判断が難しいものの、それを除外しても実に7ゴールが1タッチで決めたものだ。
 
「(チームが)パス交換やサイドを崩しているからこそ、1タッチで(ゴールを)決めるチャンスが生まれる。ひとりがボールを長く持てば、相手に狙われる。相手としては、1タッチで決められるのは嫌なはずだし、チームの狙いもそこにある」
 
 ゴールまでのタッチ数は、そのままマーカーが対応する時間的な猶予に比例する。長い距離をドリブルで持ち上がるような状況からのシュートは、守備側にも阻むチャンスは多いが、1タッチのゴールだと一瞬しかない。オフ・ザ・ボールの動きで相手のマークを外す術に長けていることが、武藤が浦和でストライカーとして開花しているひとつの要因と言えるだろう。
 
 この日のゴールシーンでも、武藤とマーカーとの間の距離は2メートルもなかった。仮に、トラップしてからシュートを打つような状況であれば、マーカーは簡単に対応できたはずだ。それが1タッチシュートであれば、守備側にとってはなす術がない。
 
 そして第1ステージを無敗で乗り切った浦和にとって、第2ステージは「いかに相手の研究を上回っていくか」が、ひとつのテーマとなる。そういう意味ではマンマークにひとりをプラスして、6人の最終ラインで守ってきた松本の守備陣を、流れのなかから攻略した武藤のゴールには大きな価値がある。
 
 アシストをした森脇は言う。
 
「中央に対して厳しく来られたなかで、そこを使えなくても右サイドはサイドだけの関係で、自分がゴール前に進出して行ける形を多く作れた」
【関連記事】
【J1採点&寸評】松本×浦和|追いすがる松本を退け、浦和が無敗記録を「18」に伸ばす
【第2ステージ展望】浦和編|まず狙うは大宮の21試合連続無敗記録の更新。もちろん一番欲しいのは「年間優勝」!
【浦和│ステージ無敗優勝の舞台裏】重みと価値ある17試合目の「1勝」
【浦和】「シーズン最後に全員でアウォーズに行く」キャプテン阿部勇樹が示す新たな歴史を築く決意
【J1】第1ステージ「スタジアム収容率ランキング」を発表! 浦和の「埼スタ」は10位。実質1位は甲信越が誇る「熱狂の地」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ