「敵ウイングを無力化する」冨安健洋を英紙が絶賛も…モダンなDFではないとの評価?「昔ながらの右SB」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年12月02日

「努力や規律の正しさでアーセナルのファンを魅了している」

ソリッドな守備を英紙に評価された冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 冨安健洋の加入だけが、アーセナルの今シーズンを変えたわけではない。だが、日本代表DFのデビュー以降、チームが好調に転じたことも確かだ。

 チャンピオンズ・リーグ出場ラインに1ポイント差の5位につけるミケル・アルテタ監督のチームは、開幕から3試合で無得点・9失点の3連敗で最下位と最悪の状況にあった。ところが、第4節ノーリッジ戦で冨安(ら)がデビューしてからは、10試合で7勝2分け1敗という成績だ。

 12月1日、英紙『THE Sun』は「好転に大きく貢献したひとりがタケヒロ・トミヤスだ」と賛辞を寄せた。

「日本代表DFは右SBのファーストチョイスとして定着し、その努力や規律の正しさでアーセナルのファンを魅了している」

【動画】絶妙の浮き球パスでスーパーゴールをお膳立て!冨安のプレミア初アシスト
 同紙が評価しているのは、冨安のソリッドなパフォーマンスだ。「技術や攻撃力で目を引くことはないかもしれないが、近年のアーセナルが求めていた選手像にぴったり」と称賛した。

「縁起が悪くなるのは望まないが、彼の最大の特長は、安定性と信頼性だ。天性のDFで、クロスのブロック、ヘディング、相手ウイングの脅威の無効化という能力を誇る。多くの点で昔ながらの右SBだが、だからといって組み立て向上に貢献していないわけではない」

 さらに、『THE Sun』は「この数年、アーセナルには才能ある選手たちがいたが、度重なるミスで落ち込んだり、大きな変調に苦しんできた」と続けている。

「彼らはトミヤスという、ファンが見たいと期待し、どの試合でも全力を尽くして、毎週7点のパフォーマンスができる選手を見つけたようだ」

 アーセナルは2日、敵地オールド・トラフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦というビッグマッチに臨む。冨安は大一番でも安定のパフォーマンスで評価をさらに高めることができるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「驚異的なエネルギーで90分間疾走」冨安健洋の攻守両面の働きは“マンCのSBと類似”と英紙絶賛!「大混乱を引き起こす」
「DFが出せるパスじゃない」超絶ボレー弾を演出した冨安健洋の“浮き球アシスト”が反響拡大!「正確さとアイデアが素晴らしい」
「この守備に痺れた」冨安健洋がフランス人ドリブラーを完璧に封じたデュエルに脚光!「相手が可哀想に思えてきた」
「寿司」「サムライ」元韓国代表FWへ長友&酒井の古巣マルセイユ関係者が差別発言。母国メディアは騒然「日本人を卑下する表現だ」
「絶対に相応しくない」メッシのバロンドール受賞にクロースらが猛批判!「今年は彼よりも上がいたはずだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ