バイエルンとJFAがパートナー契約の延長を発表! カーンCEOが所属する熊谷紗希に賛辞「ワールドクラスの活躍」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年12月01日

2024年までの3年間の延長に合意

今シーズンから古巣であるバイエルンのCEOに就任したカーン。
(C)Getty Images

画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)が11月30日、バイエルン・ミュンヘンとのパートナーシップ協定を更新したことを発表した。

 両者は2018年に、関係強化やお互いのサッカー界の発展のため、積極的に相互協力を図ることを目的にパートナーシップを締結。そして、この度2024年までの3年間の延長にサインしたという。

 今回発表された協定内容は、「JFAアカデミーとバイエルンアカデミーとの関係強化や育成分野での情報交換・交流」、「トップチームレベルでの連携強化・交流」、「グラスルーツプログラムの実施・交流」、「日本のアンダーカテゴリー代表へのサポート」、「オンラインワークショップ開催」の分野における相互利益、促進、成長、成功に向けた両者の関係の強化だ。

 今回の契約延長に関して、元ドイツ代表GKで、現在はバイエルンのCEOを務めるオリバー・カーンはこのようにコメントしている。

「2002年のワールドカップでは日本人のサッカーへの情熱を、身をもって体験することができました。世界トップクラスの選手を育成するという共通の目標を達成するためにも、今後はさらなる緊密な交流が必要です。そして、ワールドクラスの活躍を見せる熊谷紗希選手が女子のトップチームに所属していることをとても誇りに思っています」
 
 また、JFAの田嶋幸三会長は、「パートナーシップ協定の延長を大変うれしく思います。バイエルンは世界でもトップ・オブ・トップのクラブで、選手育成やチーム強化など、学ぶべきことが多くあります。2018年以降、様々な分野で連携していますが、とくに育成年代の選手派遣を通じて、指導方法や選手の才能の見分け方など、非常に貴重な情報を共有していただいています」と、これまでのパートナーシップの成果について述べた。

 さらに田嶋会長は、「現在、熊谷選手が女子のトップチームに所属していますが、今後は女子についても育成年代の選手の派遣を開始し、それぞれの発展に生かしていきたいと考えています」と、女子選手の交流にも意欲を示している。

 JFAは現在、バイエルンのほか、フランス・サッカー連盟やベトナム・サッカー協会、パラグアイ・サッカー協会など、計27の連盟・協会・クラブとパートナーシップ協定を締結し、様々な取り組みを行なっている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「絶対に相応しくない」メッシのバロンドール受賞にクロースらが猛批判!「今年は彼よりも上がいたはずだ」
「傑出した活躍をみせた」フランクフルト長谷部誠を現地紙が絶賛! 3試合連続フル出場で勝利に貢献
「なんだあいつは!」内田篤人が明かした、元鹿島監督ザーゴが“笑うほど上手かった”日本人CBとは?「プレスが全然はまらなくて…」
「嘘つきだ」C・ロナウドがメッシのバロンドール受賞直前に怒りの声明! 主催責任者を痛烈批判「宣伝のために利用された」
「なにこの最高の動画」南野らリバプールの“ザルツ組”の異文化交流が大反響!「世界に広まるOKONOMIYAKI」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ