【J1ベストイレブン】MVPはPKストップの徳島守護神!神戸、名古屋、浦和の上位陣から2選手ずつを選出|36節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月22日

伊藤敦樹と高橋祐治が初選出!

【36節のベストイレブン】

画像を見る

 Jリーグは、11月20日にJ1第36節の10試合を各地で開催した。ここでは、今節の全試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 主役は、殊勲のPKストップで勝利を手繰り寄せた徳島ヴォルティスの守護神だ。

 FC東京戦で先発したGK上福元直人は、セービングと足下のボールさばきで守備を安定させると、1点リードで迎えた58分のPKもがっちりとキャッチ。その後も相手の攻撃を完封した。17位の徳島は、これで連敗を2でストップ。降格圏脱出こそならなかったものの、残り2節での逆転残留に希望をつなぐ貴重な勝点3を得た。

 なお、今節勝利できなかった18位大分トリニータ、19位ベガルタ仙台、20位横浜FCのJ2降格が決定している。
 
 勝利を収めたヴィッセル神戸、名古屋グランパス、浦和レッズからは、それぞれ2選手ずつをピックアップした。

 神戸のセルジ・サンペールは中盤での配給もほぼノーミス。ワンボランチのお手本のようなプレーでチームにリズムをもたらす。大迫勇也は一瞬の隙を見逃さずに先制弾を決め、追加点につながるPKも獲得した。

 名古屋のシュヴィルツォクは前半のうちに2得点を叩き込み、相馬勇紀はその2得点をアシスト。チームが狙いとした崩しをプレーで体現した。

 浦和の伊藤敦樹はJ初ゴールを決め、決勝点となる2点目をアシスト。岩波拓也は横浜・Fマリノスの強力な攻撃を防ぎ、カバーリングや2列目からの飛び出しにも対応した。

 そのほか、清水エスパルスの鈴木義宜は約半年ぶりの先発で抜群のパフォーマンスを発揮し、無失点に貢献した。湘南ベルマーレの岡本拓也は攻守に奮闘し、1ゴール・1アシストを記録。川崎フロンターレのレアンドロ・ダミアンは2得点のみならず最前線でボールを収め、まさにエースとしてチームをけん引した。柏レイソルの高橋祐治は壁としてアビスパ福岡の2トップに立ちはだかった。

【PHOTO】J1第36節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

【動画】2021年J1リーグ第36節、編集部厳選ベストイレブン!
【関連記事】
「ゴールまでの過程が凄すぎる」南野拓実のアーセナル戦“48秒弾”にファン興奮!「祝福するメンツが豪華すぎて現実とは思えない」
「アツすぎる」プレミア初弾の南野拓実と冨安健洋の“ユニ交換シーン”が反響!「すごい画だな」
「誤解を生んでたらごめんなさい」岩渕真奈、南野のゴール祝福で一部アーセナルファンの反感を買い謝罪も…理解を示す声が多数
【J2】残留争いはさらに混沌… 相模原が執念の逆転勝ちで残留圏の18位に浮上! 大宮は敗戦で降格圏に近づく…
【岩本輝雄】シーズン最終盤で地力を高めてきたヴィッセルの充実ぶり。俊輔の存在価値も改めて再確認

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ