【釜本邦茂】三笘のドリブルが注目を集める一方で、ゴールから遠ざかる大迫、南野に言いたいのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月18日

日本の攻撃を引っ張ってきた大迫や南野が今のままでいいはずがない!

オマーン戦ではゴールが遠かった大迫。最終予選では6試合で1得点にとどまっている。(C)Getty Images

画像を見る

 ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地でのオマーン戦は、1-0で勝利し、ホームでの敗戦の借りを返す結果となった。なんとか勝点3をもぎ取り、ワールドカップ出場圏内の2位にまで浮上したのは良かった。まずはひと安心して来年の試合を迎えられるよ。
 

 しかし前半はとにかく、負けたくないという気持ちが強すぎたのか、安全なボール回しばかりが目についた。各駅停車で足もとに付けるパスが多すぎて、まるでゴールに向かっていなかった。

 流れが変わったのは、やはり三笘が局面をドリブル突破で打開し、相手の堅い守りに隙が生まれるようになってから。後半頭から彼のような個で崩せるドリブラーを投入したのは、非常に良かったと思う。

 日本の攻撃陣のなかで三笘の存在は異質。スペースが限られたなかでも1対1で敵DFと対峙して、相手の守備組織を破壊できるドリブルは今後の日本代表には欠かせない武器になった。そのドリブルによって敵DFを引きつけ、他の味方もフリーになって、攻撃に連動性が生まれてくる。

 これまでの日本は相手に引かれると、伊東などスピードのある選手をサイドに配置していても、なかなか生かす術がなかった。そして、足もとのパスばかりで試合が膠着してしまう。自力で打開できる三笘は、日本の攻撃を大きく変えるキーマンになっていきそうな雰囲気があるよ。

 一方で気になるのは、大迫や南野といった結果を残せていない他の攻撃陣。新星が現われたとはいえ、これまで日本の攻撃を引っ張ってきた彼らが今のままでいいはずがない。なぜ点が取れないのか。本人たちが一番思い悩んでいると思うけど、そんな時こそより積極的に、もっと思い切ってやらないとダメ。

 なんだか委縮してプレーも小さくなっている気がするし、そうなるとますますゴールが遠くなってしまう。1本、2本シュートミスしたからって気にする必要はないし、もっとリスクを冒してゴール前に入っていってほしい。1回のトライで綺麗にゴールできるなんて、そんな都合のいい話はないんだから。

 昔と違って周りがうるさい時代になったけど、外したって別にいいじゃない。何度でもトライして絶対に決めてやるんだって気持ちをぶつけてほしいね。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】三笘薫のドリブルを起点に日本が波状攻撃!
【関連記事】
【セルジオ越後】オマーン戦のヒーローは間違いなく三笘! 柴崎は田中にレギュラーを奪われたけど…
「尻もちつきました」内田篤人が衝撃を受けた日本人スピードスターとは?「アフリカンの選手とやっているようだった」
「前半は全く良くなかった」城彰二が森保Jの辛勝に問題点を指摘!「全然力が発揮できていない」と名指しした選手は?
全都道府県の出場校一覧はこちら!【第100回選手権】
「勤勉でリーダーのようだ」冨安健洋の“謙虚すぎる発言”に英メディアが感嘆!「完全に適応したらと考えると…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ