「特殊なクロスを通した」決勝弾をアシストした三笘薫に、オマーン・メディアも感服!「後半からは別のゲームだった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月17日

「前半の静けさからは打って変わって…」

本人は淡々と「クロスを上げれば何かが起こると思った」と語った。(C)Getty Images

画像を見る

 カタール・ワールドカップのアジア最終予選(グループB)第6節が現地時間11月16日に行なわれ、日本は敵地でオマーンと対戦し、1-0で勝利を収めた。

 決勝点をもたらしたのは、2試合連続で得点を挙げた伊東純也。そしてアシストしたのは、後半から投入され、この試合が代表デビューとなった、三笘薫だった。

【W杯アジア最終予選PHOTO】オマーン0-1日本|期待の三笘の突破から伊東が決勝点!貴重な勝利を手にし、豪州をかわして2位浮上!

 試合後のフラッシュインタビューに登場した三笘は、「(中山)雄太くんが素晴らしいボールをくれた。前にスペースもあったので、中にクロスを上げれば何かが起こると思い、上げた」とコメント。うかれた様子はなく、「点を取るシチュエーションだったので、すごくやりやすかった」と述べ、「まだまだ厳しい戦いが続くので、毎試合、毎試合を、チーム一丸となって頑張りたい」と意気込んだ。
 
 その存在は敵からしても異質に映ったようだ。現地メディア『almowaten』は、「前半の静けさが打って変わったように、後半から別のゲームが始まったかのようだった」と綴っている。

「後半のゲームでは日本代表が積極的にプレスをかけ、試合が大きく動いた。オマーンも果敢に挑戦した。だが、81分に交代出場した三笘薫が仕掛け、まるで魔法のような特殊なクロスを通し、伊東純也が押し込んでオマーンからゴールを奪った。この得点で、試合は日本の勝利で幕を閉じることになったのだ」

 新戦力が頭角を現した結果、日本は勝点3を獲得し、グループBの2位に浮上した。吉田麻也主将が「このまま順調に勝ち続ければ自力でワールドカップを掴めるところまできた」と語ったように、大きな勝利に貢献した24歳MFは、強烈なインパクトを残したと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】敵地・オマーンで日本代表を応援するサポーターを特集!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「こんな流れが変わるのか…」A代表デビュー三笘薫のドリブル突破にファンも大盛り上がり!「ネイマールやん」
【日本1-0オマーン|採点&寸評】2試合連続決勝ゴールの伊東が勝利の立役者。ただMOMに選びたいのは…
日本、オマーンを1-0撃破でB組2位浮上! 代表デビュー三笘薫の鮮烈アシストで伊東純也が決勝弾!!
「13番がカッコ良く見えるよ」内田篤人が三笘薫を絶賛。同様に途中出場で評価したのは…
「呼んだなら起用しようよ」日本代表のオマーン戦スタメンにファン騒然!「上田、前田、旗手がベンチ外って…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ