オマーン戦の推奨スタメンは?|ブロックに穴をあける“ドリル”が必要。それを担えるのは堂安と三笘だ【記者の視点】

カテゴリ:日本代表

飯間 健

2021年11月15日

ファーストディフェンダーになれる古橋の存在は大きい

飯間記者のオマーン戦推奨スタメン。

画像を見る

 カタール・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表は、11月シリーズではいずれもアウェーでベトナム、オマーンと対戦。1-0で勝利したベトナム戦に続き、オマーン戦でも白星を飾れるか。9月の予選初戦で黒星を喫している相手に借りを返したい。リベンジマッチとなる一戦に、森保ジャパンはいかなるメンバーで挑むのか。スポーツニッポン新聞社の飯間健記者に、推奨スタメンをセレクトしてもらった。

――◆――◆――
【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 図式は9月2日の一戦と似た感じになるのではないか。日本はポゼッションを高める。オマーンはゴール前に鍵を掛けた守備ブロックを敷いてから、攻め残りする2トップがボールを受けてカウンターを狙う。互いの狙いどころは変わらないと予想する。

 穴がないならば、いかに穴を掘り、穴を突くか。堂安律は「コンビネーションで3、4人が絡んでいかないと」と課題を口にしたが、コンビネーションを発動させるにはブロックに穴をあける“ドリル”が必要。それを担えるのは攻撃的MFに推す堂安、三笘薫の2人だ。

 東京五輪世代の両者は、まず相手に仕掛ける意識が高い。堂安は強靱なフィジカルを活かしたカットインからの強烈ミドルもある。三笘は縦にも横にも仕掛けられる器用さがある。タメを作れる技術もある。そこにSBとボランチ、最前線に推す大迫勇也と古橋亨梧の2人が絡んでくれば全方位に選択肢ができる。

 そうなればオマーン守備陣は中央だけではなくサイドのケアもしなければならないし、ゴール前に穴ができやすくなるのではないだろうか。

 セルティックで公式戦18試合13得点の古橋の得点力は説明するまでもないが、彼の持ち味は縦への速さだけではない。海外移籍後は横からのボールの受け方にも磨きが掛かっている。今までは最前線に大迫しかいなかったが、ゴール前で2つの起点ができるのは相手の混乱を生みやすい。また守田英正を累積警告で欠くなか、カウンター対策としてファーストディフェンダーになれる古橋の存在は大きい。

 9月の初戦ではまさかの黒星。今アジア最終予選で苦戦する元凶となった。今回は絶対に勝たないといけない相手。くれぐれも“墓穴”を掘らないことを願いたい。

取材・文●飯間健(スポーツニッポン新聞社)

【PHOTO】W杯アジア最終予選ベトナム、オマーン戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【PHOTO】オマーンとのリベンジマッチに備え、着々と準備を進める日本代表を特集!
 
【関連記事】
オマーン戦の推奨スタメンは?|序列よりも勢いを重視。推進力のある旗手がダイナミズムを生み出す!【記者の視点】
オマーン戦の推奨スタメンは?|守田の代役には、ボックス内で目を引くプレーを見せる柴崎を推す【記者の視点】
「えっ、もうこんなことできるの?」久保建英の“久々ゴール”にファン興奮!「意味わからんくらいかっこいい」
第100回高校サッカー選手権の組み合わせが決定! 「米子北×矢板中央」など好カードが実現! 前回王者の山梨学院は…
「10番を争うかもしれない」堂安と古橋のサウサンプトン移籍はあるのか。 地元メディアが「より可能性が高い」と見ているのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ