【移籍専門記者が深掘り】フィオレンティーナの「サラー問題」 両者はついに全面対決へ

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年07月06日

インテルが裏で糸を引く?

こじれにこじれたフィオレンティーナとサラーの関係。クラブ側は「法的措置」も辞さない構えだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 フィオレンティーナは、去就についての意思表示の期限までに回答せず、その後にチームを去るという意思を明らかにしたモハメド・サラーに対して、全面対決の姿勢を貫く構えだ。
 
 代理人のラミ・アバスが「フィオレンティーナに残らないという結論を下した。サラーはイタリアの他のクラブでプレーすることになるだろう」と表明したのは7月2日夜。そのクラブがどこなのかについては、今のところインテルだという見方が強い。
 
 いずれにしてもフィオレンティーナは、もしサラーがプレシーズンキャンプへの招集に応じなかった場合には「必要な法的措置」、すなわちローザンヌのスポーツ裁判所への告訴も辞さないというリリースを3日に発表した。
 
 サラー側は、本人の同意がなければレンタル延長は成立しない、という合意を盾に取っているが、フィオレンティーナは、この合意はリーグに提出された契約書には含まれておらず、また合意文書にはフィオレンティーナのサインはあるがチェルシーのサインがないため法的には無効だという立場に立っている。
 
 スポーツ裁判所で争うことになった場合には、残留と移籍、どちらの判決が下ってもサラーに出場停止処分が下る事態は避けられないだろう。
 
 さらにフィオレンティーナは、インテルに対して契約下にある選手に無断で接触して交渉した旨を非難する文書を送り付けており、事態は今後まだまだ動きそう。進展が注目される。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
【移籍市場超速報】こじれるサラーとフィオレンティーナの関係&インテルはヴォルフスブルクのペリシッチにオファーも…
【カルチョ移籍市場・中間総括】フィオレンティーナ:何よりもサラーの残留が最優先事項
バーゼルを6連覇に導いたパウロ・ソウザ、フィオレンティーナの新監督に内定
【移籍専門記者がポイント解説】長友佑都 サンプドリア移籍拒否の経緯と現状
【移籍市場・中間総括】ポール・ポグバ編|ユーベに放出の意向はまったくないが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ