「ピッチ上で最高の選手だった」約2年ぶり復活弾の中島翔哉を現地メディアが激賞! 次々にチャンスを構築、MOMにも選出

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月07日

地を這うような鋭いシュートを突き刺す

90分までプレーし、違いを作り出した中島。(C)Getty Images

画像を見る

 久々のゴールで復活を印象づけたのが、ポルティモネンセのMF中島翔哉だ。

 現地時間11月6日に開催されたポルトガル・リーグ第11節のベレネンセス戦、その開始わずか10分だった。

 トップ下でスタメン出場を果たした中島は、左サイドからのクロスを巧みなトラップで収めると同時に敵DFをかわし、右足で振り抜く。地を這うような鋭いシュートを、ネットに突き刺してみせた。

 今夏にポルトからレンタルで古巣に復帰した27歳は、これが公式戦ではポルトでプレーしていた19年12月以来約2年ぶり、ポルトガル・リーグでは、前回ポルティモネンセに在籍していた18年12月以来、約3年ぶりのゴールとなった。

【動画】見事なトラップでDFをかわして右足一閃!中島翔哉が鮮やかに決めた2年ぶりの復活弾
 10番が輝いたのは、このシーンだけではない。55分にFWウィリントン・アポンサが外した絶好機を演出すれば、83分の追加点の起点にもまり、何度もチャンスを作り出した。

 マン・オブ・ザ・マッチにも輝いたこの活躍を、現地ポルトガルのメディアも激賞している。『zerozero』は、「ピッチ上で最高の選手だった」と絶賛し、次のように綴っている。

「この日本人選手は、約2年ぶりとなるゴールで先制点をもたらし、素晴らしいパスで2点目にも絡んだ。ポルティモネンセのクリエイターは、アポンサが不意にしたお膳立ての他にも、危険なプレーがあった」

 明らかにコンディションが上がっている中島。今後の活躍を予感させる、圧巻のパフォーマンスだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本屈指のドリブラー!中島翔哉のキャリアを振り返る
【関連記事】
「どうして君は嘘をつく」冨安健洋が内田篤人に語ったアーセナル移籍の“真相”が現地でまさかの騒動に…宿敵トッテナムのファンがなぜ憤慨?
「代表に復帰できると思う」本田圭佑が“元日本の10番”の復活に太鼓判!「ドリブルの質はトップクラス」
「タケのガチムチ化が止まらない」久保建英の“変貌”にファン反響!「右足は明らかに細くなっている」と故障個所に懸念の声も…
「170センチで63キロ…」古橋加入時の宿敵サポの嘲笑ツイートが再脚光!「なぜ投稿を削除しないんだ?」
「右サイドから最終ラインを立て直した」アーセナルOBが冨安健洋の“隠れた”仕事ぶりを絶賛!「素晴らしいよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ