「何を伝えればいいか…」悲嘆の清武弘嗣、再起への誓い。「必ずまた這い上がって強くなります」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月31日

「この敗戦から学び、もっと強くなります」

名古屋とのファイナルでは後半の頭から途中出場した清武。最後まで勝利をあきらめず、懸命に戦い抜いた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 4年ぶり2度目の戴冠は、果たせなかった。

 名古屋グランパスと相まみえたルヴァンカップ決勝で、セレッソ大阪は0-2で敗れた。試合後、桜軍団の10番は自身の公式インスタグラムで、胸の内を明かした。

「何を書けば、伝えればいいかわからない」

 冒頭の一文から底知れぬ悔しさが伝わってくる。ただ、そんな無念さを振り払うかのように、清武は気丈に前を向く。

「けど、結果が全て。僕たちはこの敗戦から学び、もっと強くなります。セレッソが大好きな子供達、未来の為に。必ずまた這い上がって強くなります」
 
 最後に「たくさんの応援ありがとうございました」と感謝の言葉で締めくくられたこの投稿に、フォロワーからは「天皇杯絶対獲ろうな!!」「下向かないでくださいね」「率直に伝えてくれてありがとう」「ずっと応援し続けます!」「最後まで諦めない姿に胸打たれました」「やっぱりセレッソが大好きです」といったコメントが寄せられた。

 シーズンはまだ終わっていない。天皇杯では4強に進出。タイトル奪取の可能性はまだ残されている。

 この日の敗北も糧に、またひとつ逞しくなった姿をピッチで見せ、ファン・サポーターに歓喜を届けられるか。期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【ルヴァン杯決勝PHOTO】埼玉スタジアム2002に駆けつけ、最後まで選手を後押ししたセレッソ大阪サポーター!
 
【関連記事】
【ルヴァンカップ採点&寸評】名古屋 2-0 C大阪|自慢の“カテナチオ”で名古屋が大会初制覇!!C大阪は相手の堅守を崩せず
4年前との“違い”が生んだ敗戦劇…それでも小菊セレッソの航海は始まったばかり
「ぶっちゃけやりたくなかった」先制アシストの柿谷、古巣との決勝対決に複雑な想いを告白「いざやってみると…」
「野洲高っぽい」「セクシーアシスト」セレッソ乾貴士の圧巻ラストパスに脚光!
「申し訳ない試合をした」セレッソ清武弘嗣が胸中吐露。そのスタンスに「別格」など賛辞や励ましの声

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ