高校サッカーダイジェスト編集部 新着記事

【2014南関東総体】代表校レポート|東海大三

 松商学園の連覇を阻んで、遂にインターハイ初出場を掴んだ。地区予選は苦戦の連続だった。準々決勝と準決勝はともに0-0からのPK戦に。また、松商学園との決勝では、1-1で迎えた延長後半に大堀(3年... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|開志学園JSC

 傑出したタレントはいないものの、献身性を武器に2回目のインターハイ出場権を掴んだ。 チームの核となるのはMF伊藤(3年)と、左SBの高橋(3年)だ。伊藤は「3年生の中で一番頑張ってきた選手」と宮... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|帝京三

 選手権出場9回、インターハイ出場8回は、いずれも山梨県内では名門・韮崎に次ぐ数字だ。2年前のインターハイではポゼッションで相手を圧倒し、V候補だった大津、高知を破って16強入り。そして昨年度の... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|山梨学院

 地元開催のインターハイ。目標は最終日まで戦い抜き、日本一になることだ。吉永監督も「出る以上、それが義務だと思う」と語ったように、開催地代表の責任感を持って夏の山梨を盛り上げるつもりでいる。09... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|向上

 86、88、89年にインターハイに出場し、94年度には選手権出場。その後は神奈川4強の壁に何度も跳ね返されてきたが、準々決勝で12年のインターハイ王者・三浦学苑を、準決勝では桐光学園を破って勝... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|駒沢大

 サッカーの名門・駒澤大の付属高校が、インターハイでは初となる全国切符を掴んだ。勝てば全国大会進出の決まる地区予選準決勝では、試合終了間際に鈴木(3年)が劇的な決勝FKを決めて、関東大会優勝校の... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|浦和東

 鈴木監督就任1年目の昨年は、インターハイ・選手権ともに県ベスト16で敗退するなど、全国の舞台へ顔を出すことができず、悔しい思いをした。しかし、今年は関東大会Bトーナメントで優勝して自信を深める... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|日大山形

 山形中央との決勝戦は、壮絶な戦いだった。延長でも決着つかず、再延長までもつれ込む激闘。粘り強い守備と諦めない姿勢を貫き、ついに執念で決勝ゴールを奪い3-2の勝利を収める。まさに全員で掴んだ8年... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|鹿島学園

 過去10年で選手権に7度出場し、08年度には4強入り。いまや茨城県を代表する存在となった強豪校だ。ただ、今年は新人戦準優勝、関東大会予選は2回戦敗退といずれもタイトルを逃し、今回の地区予選では... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|尚志

 プリンスリーグ東北を7勝1分けの無敗で(第8節時点)首位に立つなど、春先から好調を維持。インターハイの県予選も順当に勝ち上がった。  仲村監督が「テーマは楽しいサッカー」と言うように、今年も個々... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|仙台育英

 2年連続で夏の全国に臨むチームは、選手の個性を生かしたサッカーを展開する城福監督の下、全員攻撃・全員守備で戦う集団へと成長を続けている。  正確なパスワークと早い動き出しを目指す攻撃陣は試行錯... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|帯広北

 昨年は力のあるチームだったが、ことごとく『あと一歩』のところで、全国の舞台を逃してきた。選手権予選では決勝戦で、新興勢力の札幌大谷に3-3のPK戦の末に涙を呑んだ。一方でプリンスリーグ北海道を... 続きを読む

【2014南関東総体】代表校レポート|駒大苫小牧

 同校OBでもあり、今年で就任20年目を迎える金野監督の下、全員攻撃・全員守備を掲げ、ハードワークを厭わずに、連動、連続して攻守に渡りチーム全体が関わり続ける強固なチームに仕上がった。 今年のチ... 続きを読む

【2014南関東総体】見逃せない!インターハイの主役候補たち!――3

 いよいよ8月1日に夏の高校日本一を決めるインターハイが山梨県で開幕する。各都道府県の厳しい予選を勝ち抜いた55チームによる、熾烈な戦いが7日間に渡って繰り広げられる(※決勝は8月8日)。  果た... 続きを読む

【2014南関東総体】見逃せない!インターハイの主役候補たち!――2

 いよいよ8月1日に夏の高校日本一を決めるインターハイが山梨県で開幕する。各都道府県の厳しい予選を勝ち抜いた55チームによる、熾烈な戦いが7日間に渡って繰り広げられる(※決勝は8月8日)。  果た... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ