新着記事

国際大会

【EURO出場国紹介|スペイン】不確定要素は多いが、若さゆえの爆発力に期待

スペイン(7大会連続11回目の出場)・FIFAランク:6位・EURO最高成績:優勝(1964年、2008年、2012年) ・前回大会:ベスト16・予選成績:8勝2分け0敗/31得点・5失点(グループ... 続きを読む

Jリーグ

「生意気言ってすいません」浦和、槙野智章が、神戸戦でのブーイングに胸中を吐露。ルール遵守を呼びかける

 浦和レッズの槙野智章は6月13日、自身のインスタグラムを更新し、「生意気言ってすいません、試合を中断させてすいません、これが僕の出来る事です」とハッシュタグに注釈をつけた長文を投稿した。 浦和... 続きを読む

ワールド

「私は祈り、泣いた」モウリーニョが教え子エリクセンの悲劇に涙。「間違った理由で人を団結させた」

 個人的に知らない人でも、計り知れない衝撃を受けた。一緒に仕事をした人物なら、なおさらだ。 6月12日に行われたEURO2020のデンマーク対フィンランドで、デンマーク代表のクリスティアン・エリ... 続きを読む

ワールド

「マドリーにいなかったみたい」アザールがスペインでの苦悩を告白! 批判された敗戦後の“談笑”については…

 加入してから満足にプレーできない状況が続けば、精神的に落ち込むのは当然だ。それでも、エデン・アザールはレアル・マドリーを去ることを考えなかった。 2019年夏、鳴り物入りでチェルシーからマドリ... 続きを読む

ワールド

「ばかげた判断だ」デンマークのレジェンドがUEFAの“試合再開決定”を痛烈批判!「全くフェアではない」

 果たして、選手たちに与えられた選択肢は正しかったのだろうか。 現地時間6月12日に行なわれた、EURO2020のグループステージ第1節、デンマーク対フィンランド戦で、試合中に前者のMFクリステ... 続きを読む

Jリーグ

酒井宏樹が浦和入団会見を実施! 移籍の理由は「特別なサポーター」と、「緊張感、責任感を与えてくれる」クラブだから

 浦和レッズは6月14日、10日に加入が発表された日本代表DF酒井宏樹の加入会見を行なった。 31歳の酒井は、2012年の夏に柏レイソルから、ドイツのハノーファー(当時1部)に完全移籍。契約を満... 続きを読む

国際大会

「過小評価されている」絶妙アシストの“ヨークシャーのピルロ”を英代表監督やモウリーニョが絶賛!「ファンタスティックだ」

 母国の大きな期待を背に、EURO2020開幕戦に臨んだイングランド代表は、ラヒーム・スターリングのゴールでロシア・ワールドカップ準優勝のクロアチア代表に1-0と勝利した。 マン・オブ・ザ・マッ... 続きを読む

日本代表

「ベースは確実にレベルアップ」長友佑都が見た森保ジャパン。本田&香川時代との違いは…

 6月最後の代表戦となるキルギスとの一戦を前に、オンライン取材に応じた長友佑都は、激化するポジション争いに「僕自身も危機感もあるし、気を引き締めないといけない」と明かした。 今回の招集メンバーで... 続きを読む

ワールド

「彼は一度死んでいた」デンマーク代表チームのドクターが“緊急搬送”エリクセンの状況を説明。復帰の可能性は…

 現地時間6月12日に行なわれた、EURO2020のデンマーク対フィンランド戦で昏倒し、緊急処置を受けたうえ、病院に搬送されたクリスティアン・エリクセン。現在は容体は安定し、病院でさらなる精密検... 続きを読む

日本代表

キルギス戦は「タジキスタン戦のメンバーを中心に」。森保監督は“守備の集大成”を見せる意向

 日本代表の森保一監督は6月14日、オンライン上でキルギス代表戦の前日会見を行ない、6月の代表活動最終戦への想いを明かした。 冒頭、キルギス戦に臨むメンバーについて質問を受けた森保監督は、「セル... 続きを読む

連載・コラム

【岩本輝雄】パッと思い浮かんだ最適解は柴崎岳。前線のタレントを生かすも殺すもボランチ次第だ

 日本代表の試合を見るとき、いつも考えるのは「これがワールドカップだったら……」ということ。もっと言えば「ワールドカップで勝ち進むには……... 続きを読む

日本代表

五輪選考最後の1~3人に影響を与えるジャマイカ戦残り30分の試み。18人枠に滑り込む可能性が出てきたのは?

 12日に行われたジャマイカ戦、U-24日本代表は4-0で勝利を収めた。 飲水タイム後の前半32分、スローインから相手のすきを突く、久保建英の股抜きシュートは見事だった。また、42分の遠藤航のイ... 続きを読む

国際大会

【EURO出場国紹介|オーストリア】16強入りを目指すも、守備重視のスタイルには限界が…

オーストリア(2大会連続3回目の出場)・FIFAランク:23位・EURO最高成績:本大会出場 ・前回大会:グループステージ敗退・予選成績:6勝1分け3敗/19得点・9失点(グループG 2位)●マッチ... 続きを読む

Jリーグ

【横浜】T・マルチンスと松永暫定監督が指揮官退任の苦悩を語る。23日の鳥栖戦の指揮については…

 横浜F・マリノスは今月10日にアンジェ・ポステコグルー前監督の退任を発表。スコットランドのセルティックの監督に就任するための契約解除だった。そのため13日のルヴァンカップのプレーオフステージ第... 続きを読む

日本代表

コロナ禍の五輪サッカーは史上最低レベルに!? 金メダルは現実的に手が届く目標だ【識者の視点】

 JFAが東京五輪で目指すのは金メダルという結果だけだ。だからこそオーバーエイジ(OA)枠をフル活用して勝ちに出た。五輪を年齢別選手権と捉えるなら、2度も3度も同じ選手を送り込むのはナンセンスだ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

ページトップへ