「才能ある若手が多くない」「韓国に比べて戦力が落ちる」アジア大会の"森保ジャパン"に韓国メディアが疑問の声

カテゴリ:日本代表

李仁守

2018年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何よりも目を引いたのは、日本と韓国の戦力を比較する記事だ

森保監督が選んだメンバーに韓国からは疑問の声があがった。写真:徳原隆元

画像を見る

 8月14日からインドネシアで開催されるアジア大会の男子サッカー競技。日本サッカー協会は同3日、アジア大会に臨むU-21日本代表メンバーを発表したが、日本のメンバー構成や準備状況には韓国メディアも関心を寄せている。
 
「“オーバーエイジ枠なし”日本、アジア大会メンバー発表…全員U-21」(『sportalkorea』)
「日本サッカー、アジア大会代表チームは全員21歳以下…なぜ?」(『SBS SPORTS』)
 
 といった具合だが、大会規定が23歳以下(オーバーエイジ枠3人)となっているなか、日本がU-21世代で臨み、オーバーエイジ枠も活用しなかったことに注目するメディアが特に多い印象だ。
 
 例えば、『スポーツ韓国』の「アジア大会、日本サッカーは“オーバーエイジ枠なしのU-21代表チーム”で出場」と題した記事は、日本はホームで開かれる東京五輪で成果を挙げるために早くから準備に入ったと報道。今年1月のU-23アジア選手権の時と同じ脈絡だとしたうえで、「非常に重みに欠けるメンバーだ」と綴っている。
 
 そのほかにも、「事実上、自国で開催される五輪を見据えたアジア大会だ」「日本はアジア大会で東京五輪を準備する」と伝えた『SPOTVNEWS』をはじめ、日本が東京五輪世代で臨むことにスポットライトを当てるメディアは数多い。
 
 一方、日本の注目選手を挙げるメディアも見られる。
 
『スポーツ京郷』は、「最も警戒すべき選手」として初瀬亮を挙げた。記事は、初瀬が昨年のE-1選手権でA代表に初招集されたことを振り返りながら、どちらの足でも正確なキックが可能で、クロスやオーバーラップなどのレベルも高いとして、「サイドバックに求められるすべてを備えている」と評価している。
 
 ちなみに、昨年5月に韓国で開催されたU-20ワールドカップ当時、現地で関心を集めていた久保建英が選出されなかったことを取り上げるメディアもあった。「アジア大会出場が期待された有望株・久保建英は抜擢されなかった」(『edaily』)といった具合で、なかには久保のプロフィールを詳しく紹介するメディアまであるほどだ。
 
 何よりも目を引いたのは、日本と韓国の戦力を比較する記事だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24