バレンタインデーに100歳のサポーターをチームで祝福! エバートンの粋な計らいに賛美の声

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「チャーミング」「クラブの愛情の深さを垣間見た」

エバートンの創立は1878年。ドットさんとの年齢差は、わずか「40歳」だ。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの強豪エバートンが粋な計らいだ。
 
 2月14日のバレンタインデーに、クラブはひとりの老人をトレーニングセンターに招待した。名前はドットさん。100歳を迎えたおばあさんで、筋金入りのエバートニアン(エバートン・サポーターの意)なのだという。公式ツイッターでは、ドットさんがコーチングスタッフや選手たちと楽しげにランチを共にするムービーが紹介されている。
 
 サム・アラダイス監督に花束を渡され、現コーチで元エースのダンカン・ファーガソンとハグし、DFアシュリー・ウィリアムズからは背番号100がプリントされた選手たちのサイン入りユニホームが贈られた。ちなみにこちらのドットさん。第2次世界大戦中は英国空軍の仕事に従事していたとのことで、当時の勲章らしきものも動画内で披露している。
 
 エバートンのファンならずとも、実に微笑ましく、ほっこりする映像だ。メッセージ欄には世界中から賛美する声が届き、「チャーミングな女性だ」「エバートンというクラブの愛情の深さを垣間見た」「ピープルズ・クラブだね」などなど。クラブOBで元イングランドU-21代表FWのケビン・キャンベル氏も「ドットに神の祝福あれ!」と書き込んでいる。
 
 もとより本拠地グディソン・パークでは相当な有名人で、練習場にもあしげく通ってきたというドットさん。クラブやサポーターの誰もが愛情を注ぐ、100歳の“レジェンド”なのだ。

Facebookでコメント

201805261224_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24