「完璧な軌道で射抜いた!」マインツ武藤嘉紀の技ありゴールをドイツ2大メディアが称える

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここしかないタイミングで鮮やかに

ハノーファー戦で先制点を決めた武藤。自身にとってもマインツにとっても「2018年初ゴール」となったが、チームはその後逆転負けを喫してしまった。(C)Getty Images

画像を見る

 およそ3か月半ぶりのゴールだ。
 
 土曜日のブンデスリーガ18節、日本代表FW武藤嘉紀を擁するマインツは、敵地でのハノーファー96戦に臨んだ。ウインターブレイク明けの重要なファーストマッチ、その26分だった。左サイドのゲリット・ホルトマンが放ったクロスが相手DFに当たり、ゴール前中央の武藤の足下へ。シュートフェイントを交えながら巧みに左に流れ、眼前のDFふたりを翻弄すると、左足を振り抜いてゴール右隅に鮮やかにねじ込んだ。タイミングをずらされた相手GKにとってノーチャンスな一撃で、マインツに先制点をもたらした。
 
 武藤の今シーズン4点目を称えたのが、ドイツの2大メディアだ。サッカー専門誌の『Kicker』は速報コーナーで「幸運な形でボールを受けたムトウは、冷静にハノーファーのふたりの守備者の動きを見定め、左に2ステップを刻んだ。そして完璧な軌道でゴールを射抜いたのだ」と描写。一方で全国スポーツ紙『Bild』は、ホルトマンにあっさりクロスを上げさせたハーノファーの右SB、ユリアン・コルブの緩慢なチェックを断罪。そのうえで、「ムトウは実に巧妙だった。ここしかないと言えるタイミングでシュートを放ち、サリフ・サネの股の間を抜いてみせたのだ」と報じている。
 
 その後も精力的に前線を駆け回り、攻撃の起点となった武藤だが、チャンスらしいチャンスは掴めずじまいで、81分にお役御免となった。チームは2-0から3失点を喫し、無残な大逆転負けを喫している。
 
 自身のファインゴールを勝利に結びつけられなかった武藤。次節はホームで、同胞・浅野拓磨が所属するシュツットガルトと相まみえる。

【動画】武藤嘉紀が今季4ゴール目となる先制弾! マインツは逆転負け|ハノーファー3-2マインツ
 
【関連記事】
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
「30万ユーロというバカげた移籍金でやって来た」エイバル乾貴士を全国紙が特集!
「シバサキの創造性が最大の脅威」マラガ戦活躍の柴崎岳を国内外のメディアが激賞
決定機で外した岡崎慎司を英紙がバッサリ!「シンジは決めなければいけなかった」
【黄金世代】第1回・小野伸二「なぜ私たちはこのファンタジスタに魅了されるのか」(♯1)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24