【現地コラム】ファンや仲間に守られた21歳のゴールマシン――ヴェルナーはドイツ代表の希望だ!

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2017年09月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文句は口にせず、プレーで自分の思いを届けようとした

今年3月のイングランド戦で代表デビューし、ここまで8試合出場・6得点を記録している21歳のヴェルナー。いかなる状況にも心乱すことなく、あのクローゼを彷彿とさせるゴールマシンぶりを披露している。 (C) Getty Images

画像を見る

 スタジアム中を温かい声援が包み込んでいた。
 
「ティーモ・ヴェルナーーーー!!!」
 
 何度も何度も彼の名前が叫ばれ、大きな大きな拍手が送られ続けた。それは、ドイツ代表チームのために全力でプレーするひとりの若者を守ろうとしたファンからの、明確なメッセージだった。


 9月1日にプラハで行なわれたチェコ代表とのロシア・ワールドカップ欧州予選、ドイツは2-1で勝利したが、アウェーまで駆け付けたファンの一部による心ない行ないが、会場に異様な雰囲気をもたらしてしまった。この試合で先制ゴールを挙げたヴェルナーに対して、彼らは歓声ではなく、罵詈雑言を浴びせたのだ。
 
 要因と考えられているのは、ヴェルナーが犯したひとつの行為である。昨年12月のRBライプツィヒ対シャルケ戦で、彼は明らかなシミュレーションでPKを獲得。さらにそれを自分で決めたことで、他クラブのファンから怒りを買い続けている。
 
 ヴェルナーは後日、これに対して謝罪したが、ライプツィヒというクラブへの嫌悪と相まって、人々からはなかなか受け入れてもらえなかった。代表でのプレーを快く思っていないファンも、残念ながらいる。 
 
 サポートしてくれるはずのファンからブーイングを浴びたら、どんな選手でも心に大きな痛手を負うだろう。だが、ヴェルナーはファンへの文句は口にせず、ピッチ上で愚直になほど全力で走り、戦い続けることで、自分の思いを届けようとしていた。
 
 そんな彼を、仲間は支えた。チェコ戦後、代表チームは試合後に挨拶に行かないことを決断。DFマッツ・フンメルスは、チーム全員の思いを以下のように代弁していた。
 
「あのブーイングは、本当にひどい! 黙祷の時にも悪いマナーがあった。ヴェルナーは侮辱された。もちろん、加担してないファンには申し訳ない。でも我々は、自分たちがやっていることの意味を自覚していながら、サッカーを壊そうとする連中をスタジアムから遠ざけなければならない」(『ビルト』他各紙より)
【関連記事】
エムバペ、アーセナルも選択肢に含まれていたと告白! 新天地選びで最も重視したのは!?
【現地発】あのイタリア代表が「戦術的な時代錯誤」…監督の手腕が槍玉
「長友が残留できた理由はインテルと日本企業の提携」と伊メディアが推測
【W杯予選まとめ】ここまで本大会出場決定は8か国! 各大陸の争いは混沌の様相に!!
ウサイン・ボルトが川崎フロンターレに加入して小林悠と協力プレーを披露!
ネイマール移籍以降なら「ルカクとマティッチに290億円はかかったはず」とモウリーニョ監督
【ドイツ現地コラム】不屈の男バドシュトゥバーが古巣シュツットガルトで思い描く夢

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24