「漁夫の利」と自国代表に手厳しい韓国メディア。日本の敗戦については…

カテゴリ:日本代表

慎武宏

2017年09月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9大会連続のワールドカップ出場を勝ち取っても、報道はどこか歯切れが悪い。

スコアレスドローに終わったウズベキスタン戦の内容に、韓国メディアは納得ができなかったようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 アウェーでウズベキスタンと対戦した韓国は、0-0で引き分けてA組2位でロシア行きを決めた。1986年のメキシコ大会以来9連続となるワールドカップ出場を勝ち取ったわけだが、韓国メディアの報道はどこか歯切れが悪い。
 
「韓国サッカー、恥ずかしい本戦進出、ウズベキスタンと0-0“漁夫の利、本戦進出させてもらった”」(『CIVICnews』)
「韓国、ウズベキスタンと引き分けたが“イランのおかげ”で金字塔」(『イートゥデイ』)
「韓国、ウズベキスタンと引き分けたのに本戦行き…接戦を見せてお祝いする代表チームに“冷たい視線”」(『世界日報』)
 と、スコアレスドローの不甲斐ない試合結果には納得がいっていない様子だ。
 
 8月31日のイラン戦から代表を指揮しているシン・テヨン監督に対しても厳しい。

『sportal korea』は「2試合・0ゴール、シン・テヨンの勝つサッカーはどこに行った」と見出しを打ち、シン・テヨン監督は普段から攻撃サッカーを提唱してきたと前置きしながら、「ウズベキスタン遠征では、ファン・ヒチャンとソン・フンミンのシュートがポストに弾かれた不運があったとは言え、シュート数自体が少なかった。得点が可能なエリアで作り上げる戦術パターンが消え失せていた」と綴っている。
 
 さらに『スポーツ朝鮮』は、「0-0はシン・テヨンの数字ではない』と見出しを打ち、「イ・ドングッ、ファン・ヒチャンの機敏な動きが目立った部分を除けば、終始、もどかしい“コグマ”と言うべき攻撃サッカーだった」と酷評した。
 
“コグマ”とは日本語で“さつまいも”だが、最近の韓国では「さつまいもが喉に詰まった時のように、ムカムカしてスッキリしない」という意味で使われたりする。つまり、この日の試合展開はそれほどじれったい内容だったというわけだが、一方で記事は、「就任して日が浅いなか、守備に重点を置いた」というシン・テヨン監督のコメントを引用して、これまでは戦略的に攻撃サッカーを封印していたともフォローしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ助っ人列伝 1993-2017
    9月20日発売
    ジーコからポドルスキまで──
    過去25年間の歴代外国人選手
    総勢1916人を一挙紹介!
    オリジナルWCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月28日号
    9月14日発売
    2017 J1&J2リーグ
    最終順位大予想
    サガン鳥栖ダイジェストも!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト  責任編集
    9月8日発売
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    欧州選手名鑑の完全決定版!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.492
    9月20日発売
    欧州有力クラブの
    「最終陣容」総チェック
    W杯予選/列強10か国企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24