「CR7伝説」の始まり――マンU時代のエピソードや鍛錬とは?

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「栄光の7番」に相応しい選手になるために――。

C・ロナウドはマンチェスター・Uでの5年間で世界的トッププレーヤーに上り詰める。7番のイメージが定着したのもこの時代だ。(C)Getty Images

画像を見る

C・ロナウドの新作スパイクはマンチェスター・U時代の研鑽が表現されている。写真:ナイキ

画像を見る

 2003年8月12日、当時18歳のクリスチアーノ・ロナウドはイングランドに降り立った。スポルティングから超名門マンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたのだ。
 
 本人は当初、ポルトガル時代から愛着のある28番を背負うつもりだった。しかし、当時の指揮官アレックス・ファーガソンはこう言ったという。
 
「君が7番を着ている姿が見たい」
 
 赤い悪魔の背番号7と言えば、ジョージ・ベスト、ブライアン・ロブソン、エリック・カントナ、そしてデイビッド・ベッカムなどレジェンドが纏った栄光のエースナンバーだ。
 
「すごくビックリした。マンチェスター・Uの背番号7といえば、偉大な選手が付けるものだと知っていたからね。僕のフットボール人生における成功の始まりだ」
 
 当時をそう振り返ったC・ロナウドは、エースナンバーに相応しい選手になるため、テクニックに加えて課題とされていたフィジカルを鍛え上げた。
 
 すると徐々に後の代名詞である華麗かつ力強いスタイルに仕上がっていき、技巧派のウイングから左右両足の強烈なシュートや打点の高いヘディングなどでゴールを量産できる万能のアタッカーへと変貌を遂げていったのだ。
 
 チームにプレミアリーグ3連覇、チャンピオンズ・リーグ、クラブワールドカップなどのタイトルをもたらせば、個人としてもバロンドールやFIFA世界最優秀選手などを受賞する真のトッププレーヤーに成長した。
 
 292試合で118得点を記録したイングランドでの5年間をC・ロナウドはこう回顧する。
 
「あの5年間でフットボールのすべてを学んだ。仲間たちと多くのタイトルを勝ち取った。まさに夢のような時間だった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ助っ人列伝 1993-2017
    9月20日発売
    ジーコからポドルスキまで──
    過去25年間の歴代外国人選手
    総勢1916人を一挙紹介!
    オリジナルWCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月26日号
    10月12日発売
    3大テーマから探る
    J1&J2全40クラブの
    補強戦略
    クラブダイジェストは札幌!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト  責任編集
    9月8日発売
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    欧州選手名鑑の完全決定版!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.494
    10月19日発売
    ポジション別
    「タレントランキング」
    近未来のアンカーも厳選!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24