「ナイキ契約選手」のベストイレブン! ネイマール、C・ロナウド、イニエスタなど豪華絢爛!

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

システムはより攻撃的な選手をセレクトできる3-3-4。

ナイキ契約選手のベストイレブン。(C)Getty Images

画像を見る

 世界に名立たるトップブランドである「ナイキ」は、数多くの超一流フットボーラーをスポンサードしている。その契約選手で独自のベストイレブンを作ってみた。
 
 システムはより攻撃的な選手をセレクトできる3-3-4。まずGKはティボー・クルトワ(チェルシー)だ。トッテナムとフランス代表の守護神であるユーゴ・ロリスも捨てがたいが、今シーズンはここまでプレミアリーグで28試合・21失点と抜群の安定感を誇り、チェルシ―独走の立役者の一人になっているベルギー代表を選出。まだ24歳ながらすでに世界で5本の指に入る守護神として評価されている。
 
 3バックはジェローム・ボアテング(バイエルン)、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、セルヒオ・ラモス(R・マドリー)。いずれもフィジカルと読みを利した守備はもちろん、最後尾からのビルドアップやセットプレー時の得点力など攻撃面の貢献度も高く、まさに「モダンフットボールのDF」だ。彼らと実力的に大差がないダビド・ルイス(チェルシ―)、マルキーニョス(パリSG)、チアゴ・シウバ(パリSG)のブラジル代表トリオを次点としたい。
 
 中盤はセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)をアンカー、アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)とケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)をインサイドハーフに。3人ともパスで試合をコントロールするセンスに優れ、前2人はドリブル突破も一級品だ。マリオ・ゲッツェ(ドルトムント)は代謝障害により戦線離脱中で、来シーズン以降の復帰に期待がかかる。
 
 両ウイングはネイマール(バルセロナ)とクリスチアーノ・ロナウド(R・マドリー)だ。エデン・アザール(チェルシ―)、ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)、アレクシス・サンチェス(アーセナル)などのワールドクラスをもっていても、スピード、テクニック、決定力のすべてがハイクオリティーなこの両巨頭には敵わないだろう。
 
 CFにはロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)とゴンサロ・イグアイン(ユベントス)を並べた。泣く泣く選外としたエディンソン・カバーニ(パリSG)、ハリー・ケイン(トッテナム)、ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)を含めて、いずれも各リーグの得点王争いで上位に位置しており、世界最高レベルの決定力を誇るスコアラーだ。

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24