【セルジオ越後の天国と地獄】厳しいことを言うようだけど、日本が“強かった”わけではないよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年01月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝という結果は胸を張っていい。ただ、韓国の試合運びの拙さに助けられた部分もあったね。

日本は逆転勝利で優勝を飾ったが、多くの時間で韓国に主導権を握られていたのも事実だ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

 劇的な勝利だったね。韓国を3-2で下したリオ五輪予選の決勝のことだ。
 
 2点を先行されながら、後半に3点を奪っての逆転優勝。今大会はヒーローが出ないかと思っていたけど、最後に浅野がやってくれた。途中出場で2得点は大きな仕事だ。1得点・1アシストの矢島も素晴らしかった。
 
 優勝という結果は胸を張っていいし、ドラマチックな勝利は日本サッカー界を盛り上げるうえでも良かったね。選手やスタッフには、心からおめでとうと言いたい。
 
 韓国戦の勝因は、やっぱり粘り強さだろう。日本は立ち上がりから韓国の攻撃を受けて、良いところがまるでなかった。なんとか2失点でとどめたけど、展開を考えればもっと取られていてもおかしくなかったんだ。
 
 それでもGK櫛引のファインセーブなどで決定的な3点目を与えなかったことが、後で効いてきたよね。前半から飛ばしていた韓国には試合途中で足を攣った選手がいたけど、日本は早めの選手交代でフレッシュな状態を保った。2点のビハインドを背負っていたから当然の判断だったけど、この交代で上手く試合の流れを変えられたと思う。
 
 それに、韓国の試合運びの拙さに助けられた部分もあったね。韓国は2点をリードしているにも関わらず、3点目を取って試合を決めようとしてきた。そこで決めきれなかったことで、序盤から飛ばしたツケが回ってきたんだ。
 
【関連記事】
【日本 3-2 韓国|採点&寸評】浅野が韓国撃破の立役者に。ただ大味な展開に守備陣には厳しい評価を下さざるを得ない
【韓国メディアの視点】ドーハの奇跡がドーハの衝撃に変わった日。各紙、敗因を徹底追及!
【リオ五輪予選】韓国戦・エリア別検証|意識のズレが生じた最終ライン。中盤は機能不全に陥った
【サッカーダイジェストの視点】韓国に“勝たせてもらった”決勝戦。最高の結果も冷静に見れば課題は山積だ
【リオ五輪】アジア王者・日本に立ちはだかる「世界のビッグタレント10選」。ディバラ、F・アンデルソン、ザネなど逸材がズラリ!
日韓戦後も続く戦い――五輪予選登録メンバー23人の所属クラブでの立場をチェック

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月11日号
    7月28日発売
    リオ五輪開幕直前ガイド
    アントラーズダイジェスト
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.464
    7月21日発売
    開幕フォーメーション大予想 詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月14日発売
    EURO2016 大会総集編 詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.16
    7月13日発売
    2016インターハイ選手名鑑
    男女出場全チームガイド
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24