【J1採点&寸評】柏1-0浦和|走り回った柏のファイターがMOM!初陣のオリヴェイラ新監督の評価は…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年04月26日

浦和――西川の好守で耐えていたが…。

【警告】柏=なし 浦和=なし
【退場】柏=なし 浦和=なし
【MAN OF THE MATCH】中川寛斗(柏)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 5.5
オリヴェイラ新監督の初陣で、攻撃が機能していたとは言い難い。西川の好セーブが何度かあっても守備で耐えきれずに失点し、反撃もできなかった。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
53分、中川との1対1を素早い飛び出しでファインセーブ。攻め込まれた時間帯も彼の好守で乗り切った。ただ、ビルドアップ時のキックミスは気になった。
 
DF
31 岩波拓也 5.5
積極的に楔のパスと斜めのロングフィードを狙っていた。だが、精度が高いとは言えず、味方との呼吸が合ってないシーンが散見された。
 
2 マウリシオ 5
どこかヒヤヒヤするシーンが多かった。組み立てでもクリアでも、失点につながってもおかしくないミスが多かった。決勝点を許した場面も中川への対応が遅れた。
 
5 槙野智章 5.5
スピードスターの伊東を相手にしても、1対1の強さが光った。前への強さは評価できるが、失点シーンのようにカバーリングの意識を少し欠いていたか。
MF
27 橋岡大樹 6
マッチアップしたクリスティアーノにも臆せずに戦った。数回やられることはありつつも、対人は互角以上の出来だろう。
 
15 長澤和輝 6
ボランチでパスを捌くだけでなく、ボールを運ぶこともできる。中盤のエリアで相手を1枚剥がすドリブルは効果的だった。
 
6 遠藤 航 6
縦に速い攻撃を展開するなかで、ルーズボールをよく拾っていた。24分、こぼれ球を拾った鋭いシュートは顕著な場面だった。
 
3 宇賀神友弥 6(84分OUT)
攻撃では小池を相手に果敢な仕掛けを見せられず。ただ守備での伊東への対応はまずまずの評価を与えられる出来だった。
 
10 柏木陽介 5.5
チームの攻撃がどこか単調だったなか、もう少しこの10番がアクセントをつけたかったか。ボールタッチの回数がもっと多ければ、主導権を握れたかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ