【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎が見極める「日豪決戦、勝負を分けたポイント」

カテゴリ:連載・コラム

橋本英郎

2017年09月01日

監督は終始安心してゲームを観られたのでは?

どんなゲーム展開となっても戦い抜ける選手──。浅野もそのひとりであり、抜擢登用に応えて千金弾も決めて見せた。写真:田中研治

画像を見る

 原口元気選手や今野泰幸選手が活躍したあたりから、その兆候が見て取れました。俊敏性、連続性、そして組織のために働き続ける勤勉性。そこに日本の良さがあると監督が気づき、手応えを感じていったのではないでしょうか。
 
 浅野選手は、カウンターの起点にはなっていましたが、プレー選択のところでは何度かミスがありました。それでも一番大事なゴールという結果を出して、チームを助けました。もっと言えば、何度も前線からボールを追いかけ、相手の攻撃の選択肢を限定していました。
 
 乾貴士選手も同様の働きをしていたと思います。結果的にゴールは生まれませんでしたが、浅野選手とは違い、攻撃のアクセント、時間を作る動きなどチームバランスを整えるプレーが光りました。
 
 しかも浅野選手と乾選手は、みずからドリブルで仕掛けられる。これも大きかったと思います。なぜなら日本はこの試合で、カウンターアタックを戦法として選んでいたからです。大迫勇也選手のキープも光っていましたね。効果的なカウンターアタックを引き出していました。
 
 結果としては、ひとつ目のポイントに挙げたように、戦前の情報戦を経てシナリオが出来上がり、その脚本通りにゲームが動いた。監督としては終始ゲームを安心して観られたのではないでしょうか。
 
 オーストラリアも変化をつけることなく、キーパーからのポゼッションを徹底的に続けました。まるで意固地になっているかと感じるほどで、最後の崩しでもワンツーや3人目の動きなど、綺麗な崩しを頑なに求めていましたね。日本が苦手とするパワーや高さを前面に押し出してこなかったのも、ひとつの勝因でしょう。綺麗なサッカーで勝つためには、圧倒的な力の差がないと難しいのです。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ