【ACLラウンド16】新生C大阪、悲願のタイトル獲得へ! 「攻守にアグレッシブ」な強敵相手に求められるミッションは?

カテゴリ:Jリーグ

小田尚史

2021年09月15日

指揮官が警戒する浦項のストロングポイントは?

C大阪の予想フォーメーション。

画像を見る

 試合の前日会見で、「攻守にアグレッシブで、素晴らしいチーム。とくに守備のところは非常に球際も激しく、1対1のバトルも激しく来るチーム」と浦項を評した小菊監督。「そうした相手に対し、いかに優位性を持ってチームとしてビルドアップしていけるか、アタッキングサードまでボールを運べるか、といったことが明日のカギになる」と続けた。

 プレッシング強度に定評がある相手に対し、まずは球際のバトルで負けずに応戦し、相手のプレスをかいくぐってボールを運び、得点機を作っていくこと。それが、勝つためにC大阪に求められるミッションとなる。キャプテンの清武弘嗣こそ負傷欠場が決定的だが、前述の乾や坂元達裕は個の仕掛けで違いを生み出せる選手たち。そこへ両サイドバックやボランチもうまく関わり、2トップへ生きたパスを配球していきたい。
 
「ACLのタイトルはクラブの悲願。その悲願のタイトル獲得へ向けて、明日の大一番、全員の力で、最初の大きな壁を乗り越えていきたい。明日は絶対に勝って、次のステージに進みたいと思います」と語る若き熱血漢の指揮官に率いられた新生C大阪が、2011年以来となるACLベスト8進出を目指す。

取材・文●小田尚史(サッカーライター)

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!セレッソ大阪の「歴代集合写真」を一挙紹介!
 
【関連記事】
「すごいメンバー」「激アツ」稲本潤一が“元札幌トリオ”の3ショットを公開! ファンが当時を懐かしむ!
「ソリッドで、素晴らしいデビューだ」元英代表ジェイの冨安称賛ツイートに母国注目!「日本を拠点とするストライカーが…」
「アルテタがトミヤスを優先しろと掛け合った」英紙が冨安健洋の“駆け込み移籍”の舞台裏を明かす
神戸が異次元すぎるシュート練習を公開! イニエスタvsボージャンの対決にファンも興奮「ずっとみてられる」
「まだまだここから」“キャプテン”乾貴士が札幌戦を振り返る。「すいませんでした!」と謝罪したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ