【J1ベストイレブン】MOMは札幌の23歳アタッカー! 浦和に逆転勝利の湘南からは最多3選手を選出|18節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月22日

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
22 ストイシッチ(仙台)7●初選出

今季新加入の大型GKがついにJリーグデビューを果たす。202センチの長身にもかかわらず、ディフレクションのボールに対しても的確に反応。ビッグセーブを連発した。1-0の勝利まであとわずかだったが、さすがの名手もインスイングクロスに判断を惑わされたか。

DF
2 田中駿汰(札幌)6.5●初選出

冷静な守備対応で相手をシャットアウト。時折見せる後方からのフリーランニングで攻撃にアクセントをつけた。

3 森重真人(FC東京)6.5●3回目
体格差のあるクレーベと競り合い、最後まで渡り合う強さを見せた。28分には、決まったかに思われたクレーベのシュートに対し、がら空きのゴールに身を投げて阻止。万能の選手だがこの日は守備が光った。

19 佐々木翔(広島)7●3回目
40分にはアンジェロッティのドリブルをきっちりブロック。74分のクリスティアーノへのスライディングタックルも見事で、対人守備の強さは相変わらずだ。78分には果敢なオーバーラップから先制ゴールを呼び込んだ。攻守両面で素晴らしい活躍だった。

MF
6 岡本拓也(湘南)7●初選出

自身にとって「特別な場所」である埼スタでの初ゴールが決勝点。試合後に「頭が真っ白になった」と振り返るほどエモーショナルな一撃だった。

6 セルジ・サンペール(神戸)6.5●初選出
圧倒的存在感。すべてのプレーがサンペールから始まると言っても過言ではない。先制点の起点にもなった。

26 畑 大雅(湘南)6.5●初選出
試合の多くの時間は右サイドでプレーして安定。左サイドにポジションを変えた時間帯で、ウェリントンに値千金のアシスト。
 
THIS WEEK MVP
9 金子拓郎(札幌)7.5●2回目

右足、左足で2得点。シャドーのポジションで見事に機能し、勝利を呼び込む大活躍。文句なしのMOMだ。

10 山田直輝(湘南)7●初選出
相手センターバックに強気のハイプレスを見せ、流れの悪い時間帯に値千金の同点ゴール。2-2の同点時に交代となったが、同時交代の田中に走って前へ出ることを促す勝利への執念が見えた。

20 レアンドロ(FC東京)7●初選出
なかなか心身ともにピークが来なかったが、この試合ではかなりの好調。技術だけを取り上げれば、Jでも最上の部類に入ることは間違いない。高いテクニックで相手に何度も脅威を与えていた。

FW
7 キャスパー・ユンカー(浦和)7●2回目

高い決定力を見せつけて2ゴール。ハットトリック逃しのゴールポスト直撃シュートもあった。浦和デビューから公式戦10戦目にして10ゴールを達成。

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1前半戦ベスト11 Vol.1】三笘薫は魅せる選手として今や別格! 同じく充実の境地にあるのは…
【ACLプレビュー|名古屋】状態は上向き。正しく力を発揮できれば“らしい”試合展開を望めるはず
「お色気がハンパない!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“大人の挑発ショット”に反響続々!「眼差しがたまらん」
「ニッポンではサッカー選手が“なりたい職業”の3位だが…」現地記者が明かした中国サッカーの実情と日本との違い
「国外に出て、日本や韓国に勝てない理由が分かった」中国のエースが明かした“アジア2強”との違い「ニッポンは海外組だけで…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ