「鹿島に何から何まで…」浦和、山中亮輔の言葉で浮き彫りとなった完封負けより由々しき状況とは

カテゴリ:Jリーグ

佐藤亮太

2020年12月04日

かつての岡野、闘莉王、山田のような…核となり、精神的支柱となる選手がいない

 浦和には百戦錬磨が揃い、誰がキャプテンになってもおかしくない陣容だ。声を上げる選手はいる。だが、その声や佇まいで皆を納得させる選手が少ないのではないかと感じる。

 かつてで言えば、岡野雅行や田中マルクス闘莉王、「ヤマが言うんだから仕方がない」と黄金期のメンバーが自然とまとまった山田暢久のような存在が……。いまのチームに足りないもの。それは今更持ち出すのも陳腐だが、核となり精神的支柱となる選手の存在だ。

 具体的にはどんなタイプなのか?そのヒントを聞いた。

 今月2日、公開練習後のウェブ会見に出席したFWレオナルドにキャプテンシーの条件を尋ねた。

 レオナルドは情熱的な監督ならば情熱的な、冷静な監督ならば冷静なタイプの選手と、監督によって求められるキャプテン像は違うと説明した。

 それとともにレオナルドは「個人的にはタフなタイプのほうが好き。ベストを尽くすのはピッチの中だけではない。チームのために走り、ミスを指摘し改善しながらも、互いに意見をぶつけながら成長していければ」と語った。

 来季、就任する指揮官はどの選手をキャプテンに据えるか、そのひとつをとっても監督の考えが伝わってくる。

 存在するだけのクラブなら必要ない。勝てばいうことはないが負けても何か残る、また見たくなる“熱狂”をクラブ、チームは醸成しなければならない。

 果たして、今季、むき出しの感情が伝わる試合がいくつあったか?

 現在、病気療養中の土田尚史スポーツダイレクター(以下・SD)が昨年12月、発表した「浦和の責任」。掲げた意義とともに土田SDが抱いた危機感が改めてよくわかる気がする。

取材・文●佐藤亮太(レッズプレス!!)
【関連記事】
【浦和】一体、クラブはどこを向いているのか。さまざまな疑問が沸き上がる監督人事
浦和レッズに舞い戻った元背番号10。「最高の熱量で接しています」と育成現場で奮闘中!
【浦和】「ひとりの男として――」完敗した鹿島戦後、大槻毅監督は何を語ったか
「今年のマルちゃんを忘れない」浦和マルティノスが今季限りで退団。ファンからは惜別コメント続々
【J1採点&寸評】鹿島4-0浦和|2得点の上田、1G1Aのエヴェラウド。MOMに選んだのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ