「オサスナを選んでいれば…」レアル番記者が指摘した久保建英の“誤算”。「マドリーにもビジャレアルを勧めた負い目がある」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

セルヒオ・サントス

2020年11月27日

マドリーも不安げに経過を見守っている

保有元のマドリー戦で与えられた時間はわずか5分ほどだった。(C) Getty Images

画像を見る

 マドリーも言うまでもなく不安げに経過を見守っている。タケが現在の状況に居心地の悪さを覚えているのはもはや明らかで、自分たちがビジャレアルへの移籍を勧めたという負い目もある。もちろん最終的に移籍先を決断したのはタケであるが、その際にファーストオプションとして提案したマドリー側の考えを重要な判断材料にした事実があるからだ。

 ただこのタイミングでビジャレアルへのレンタル移籍を失敗と結論付けるのは早すぎる。シーズンはまだ4分の1ほどを消化した程度。先はまだ長く、ちょっとしたきかっけで状況が変わるかもしれない。各チームで連戦が続く影響で怪我人が続出している今シーズンはなおさらである。

 マドリー関係者にとっても、この逆境を跳ね返すその取り組みぶりを見ている節があり、自分たちからアクションを起こす考えもない。スタメン出場が当初の目標の半分の20試合程度にとどまったとしても、懸命に定位置争いを繰り広げた結果なら、得るものも少なくないはずなのだ。

 心強いのは、ヨーロッパリーグでは活躍を見せていること。さらに来月にはコパ・デル・レイも始まる。ラ・リーガでは途中出場が続いたとしても、結果を残していれば、出番はそれだけ増えていくはずだ。

 ビジャレアルへの移籍の選択は適切ではなかったかもしれない。しかし一度選んでしまった以上、その現実を直視して、歯を食いしばって状況が少しでも好転するよう努力しなければならない。

 周囲の人間がどんな動きを見せようとも、あくまでピッチ外での出来事だ。エメリ監督はことあるごとにタケのプロ意識の高さを称賛している。今こそ、その強みを活かして周囲の雑音に惑わされずに定位置を奪取することだけに全神経を注ぐべきだ。

文●セルヒオ・サントス(アス紙レアル・マドリー番)
翻訳●下村正幸

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ