• トップ
  • ニュース一覧
  • 「オサスナを選んでいれば…」レアル番記者が指摘した久保建英の“誤算”。「マドリーにもビジャレアルを勧めた負い目がある」【現地発】

「オサスナを選んでいれば…」レアル番記者が指摘した久保建英の“誤算”。「マドリーにもビジャレアルを勧めた負い目がある」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

セルヒオ・サントス

2020年11月27日

マドリーも不安げに経過を見守っている

保有元のマドリー戦で与えられた時間はわずか5分ほどだった。(C) Getty Images

画像を見る

 マドリーも言うまでもなく不安げに経過を見守っている。タケが現在の状況に居心地の悪さを覚えているのはもはや明らかで、自分たちがビジャレアルへの移籍を勧めたという負い目もある。もちろん最終的に移籍先を決断したのはタケであるが、その際にファーストオプションとして提案したマドリー側の考えを重要な判断材料にした事実があるからだ。

 ただこのタイミングでビジャレアルへのレンタル移籍を失敗と結論付けるのは早すぎる。シーズンはまだ4分の1ほどを消化した程度。先はまだ長く、ちょっとしたきかっけで状況が変わるかもしれない。各チームで連戦が続く影響で怪我人が続出している今シーズンはなおさらである。

 マドリー関係者にとっても、この逆境を跳ね返すその取り組みぶりを見ている節があり、自分たちからアクションを起こす考えもない。スタメン出場が当初の目標の半分の20試合程度にとどまったとしても、懸命に定位置争いを繰り広げた結果なら、得るものも少なくないはずなのだ。

 心強いのは、ヨーロッパリーグでは活躍を見せていること。さらに来月にはコパ・デル・レイも始まる。ラ・リーガでは途中出場が続いたとしても、結果を残していれば、出番はそれだけ増えていくはずだ。

 ビジャレアルへの移籍の選択は適切ではなかったかもしれない。しかし一度選んでしまった以上、その現実を直視して、歯を食いしばって状況が少しでも好転するよう努力しなければならない。

 周囲の人間がどんな動きを見せようとも、あくまでピッチ外での出来事だ。エメリ監督はことあるごとにタケのプロ意識の高さを称賛している。今こそ、その強みを活かして周囲の雑音に惑わされずに定位置を奪取することだけに全神経を注ぐべきだ。

文●セルヒオ・サントス(アス紙レアル・マドリー番)
翻訳●下村正幸

【関連記事】
「質問の意味が分からない」久保建英の終盤起用への“思わぬ指摘”にエメリ監督が苛立ち!「クボはマドリーの選手ではない」
「故障したスペイン代表MFの代役に…」久保建英の最有力移籍先候補は?「非常に興味を持っている」
「4チームがアジアの真珠に夢中」久保建英の争奪戦が冬の移籍市場で再び勃発か。現地メディアが報じた獲得を狙うクラブとは?
「子どもを甘やかす親か!」久保建英の出番を求めるマドリーをビジャレアル専門メディアが痛烈批判!
「クボに対する軽蔑は明白だ」久保建英に5分しか与えなかった指揮官に一部メディアの不満が爆発!「特別な選手を活用していない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ