クロップが見出した“最適解”で期待膨らむ! 南野拓実のリバプール2年目の「可能性」を最新序列から予想

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月10日

波の激しいオリギや経験の浅いブリュースターよりも…

昨シーズンの基本システムがこの4-3-3。今季もこちらが主流となるか。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 流動的に動き回るトリデンテと連係しながら、中央でもサイドに流れてもスムーズにプレーし、俊敏な動きと活動量で違いを生み出した南野。その“最適解”を見出したクロップも「今のタキ(南野の愛称)は、我々にとって重要だ。ゴールだけではなく、すべてをひっくるめて、全体のパフォーマンスについてそう考えている」と高く評価している。

 しかし、流れを掴みたい序盤戦に、今シーズンから本格的にトライし始めた4-2-3-1を採用するかは不透明だ。結果的に7-2の大勝を飾ったとはいえ、3部のブラックプールにリードされて前半を終えた事実を忘れてはならない。
 
 そうした新システムの現状と、プレシーズンに南野と同様に好調だった中盤の舵取り役を担えるナビ・ケイタの状態を考えると、ドイツ人指揮官がまずは慣れ親しんだ4-3-3を基本に戦う可能性は高い。

 ただ、4-2-3-1にも手応えを感じているのは間違いなく、対戦相手や状況によって、このオプションを使用する試合や場面も少なくないだろう。そして、その時はトリデンテ+南野がファーストチョイスになるはずだ。

 少なくとも好不調の波が激しいディボック・オリギや経験の乏しいリアン・ブリュースターといった他の控えアタッカーよりは、出場機会が回ってくるのは間違いない。そこでチャンスをモノにできれば……。指揮官も本格的なシステム変更を考え始めるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ