「ほかの誰にもひけをとらない」南野拓実がリバプール地元紙の選出する“PSM勝ち組”に!「期待されるのは当然のこと」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月08日

「まずこの男から始めなければならない」

開幕前のラスト2試合で連続ゴールを挙げた南野。調子はすこぶる良さそうだ。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグは9月12日に開幕を迎える。各クラブはプレシーズンマッチなどをこなしつつ、準備を進めている真っ最中だ。

 そんななか、リバプールの地元紙『Liverpool Echo』は、「プレーヤーにとっては分刻みの練習をこなし、フィジカルを向上させるため、そして新シーズンに向けて、監督の目を引くための最後のチャンスであるプレシーズン。キラキラと輝くことができた選手と、期待していた時間を過ごせなかった選手を見てみよう」とし、各選手の現状を伝えている。

 まず“勝ち組”として真っ先に名前が挙がったのが、南野拓実だ。カイムヘ・オニール記者は「まず、タクミ・ミナミノから始めなければならない」と綴り、このように評している。

「日本代表のプレーヤーは、この期間に真実の立ち位置を手に入れた。(合宿地の)オーストリアでの様子を見る限り、チームメイトとの絆を深めただけでなく、誰にもひけを取らないパフォーマンスを披露した。

 シュツットガルト戦では後半から出場し、攻撃の糸を紡ぎ始めた。彼のタッチ集ビデオは素晴らしい映像に仕上がった。古巣のレッドブル・ザルツブルク戦はドローに終わったが、良いプレーを見せ、そして迎えたアーセナルとのコミュニティ・シールドで初ゴールを決めた。彼はチームを救ったヒーローとなった。試合は敗れたものの、PK戦でも冷静にネットを揺らしている」

 さらに、先日行われたブラックプールとのPSMでは「フィールド上で最高の選手だった」と賛辞を送っている。

「彼は攻撃面で多才であることを証明し、来シーズンはユルゲン・クロップ監督に多くをもたらすだろう。特に、ロベルト・フィルミーノのすぐ後ろでプレーした彼のポジションは理想形だ。ゴールを決め、アシストをした。レッズファンが、今週末から始まる2020-21シーズンで彼がもたらすものに対して、期待に胸を膨らませるのは当然のことだ」

 このほか、先日U-21イングランド代表に選出されたFWリアン・ブリュースターや、ナビ・ケイタを「ユルゲン・クロップ監督の期待に応えた」と評した一方、PSMで出番を与えられていないGKロリス・カリウスや、パフォーマンスが振るわないファビーニョについては「本番での輝きが期待できるかどうか不透明」という辛口評価を与えている。
 
 プレシーズンを理想的な状態で終えた南野に対する期待は、間違いなく高まっている。12日に開催されるリーズ・ユナイテッドとの開幕戦で、背番号18はどんなプレーを見せてくれるのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ