【C大阪】「スタートラインに立てた」藤尾翔太が香川や南野らも成し得なかった快挙達成! 指揮官も将来性を高く評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月06日

「彼はポテンシャルがあって、将来が楽しみな選手」(ロティーナ監督)

得点後、ロティーナ監督も藤尾のもとに駆け寄り祝福した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 かつて東京ヴェルディで、畠中槙之輔(横浜)や安西幸輝(ポルティモネンセ)を見出したロティーナ監督も、その将来性を高く評価するひとりだ。
 
「1部でデビューして、そのデビュー戦でゴールを決めるというのは美しいこと。去年から何度かトレーニングにも呼んでいて、評価していました。常にU-23の試合はチェックしていますし、今年はあまりスタジアムには行けていないですけど、テレビの映像などを確認しています。彼はポテンシャルがあって、将来が楽しみな選手です」
 
 実際プロ入りが内定する前の昨季、ロティーナ監督にトップチームの全体練習に呼ばれていた藤尾。今季はここまでJ3で12試合に出場し、6得点と結果を残したことで、再び指揮官から声が掛かった。
 
 FWブルーノ・メンデスら前線に負傷者が出ていたなか、そのチャンスを生かしたルーキー。それでも、すでに戦力となっている同期の西川らより遅れを取っていることは自覚している。
 
「同期ではゴールをしている選手がたくさんいる。劣っている、という言い方は違いますけど、やっと自分も一緒のスタートラインに立てたのかなと思います」
 
 初出場初得点は通過点。より高みを目指し、成長を追い求めていく。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ