• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ファウルでしか止められない」ソシエダ戦の久保建英をスペイン紙番記者が絶賛!「敵の脅威になり続けた」【現地発】

「ファウルでしか止められない」ソシエダ戦の久保建英をスペイン紙番記者が絶賛!「敵の脅威になり続けた」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ハビエル・マタ

2020年09月04日

最大のハイライトと言えるシーンが…

得意のドリブルも随所に披露し、露骨なファウルを受ける場面も。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 最大のハイライトは、アルカセルのPKによる2点目に繋がったプレーだろう。密集でボールを奪うやモイ・ゴメスにパスを送り、相手のファウルを誘発した。自らも得点のチャンスはあったが、トラップが流れてしまい、初ゴールはお預けになった。利き足ではない右足だったので一旦ボールをコントロールしたうえでシュートを狙ったのだろうが、ダイレクトで合わせてほうがよかったかもしれない。

 この日のタケのプレーからはとにかく、自分がチームを引っ張っていこうという強い意志が伝わってきた。サイドの選手とのポジションチェンジを巧みに織り交ぜながら、局面に応じて適切なプレーを選択し、相手DFにとって危険な存在であり続けた。

 後半に入ると、相手のソシエダがメンバーを落としたこともあり、試合のリズムが低下した。その中で、タケは81分まで出場した。右サイドのチュクウェゼとポジションを入れ替えるシーンが目立ったが、そのナイジェリア人アタッカーが交代で退く(63分)と、変わって右サイドを主戦場にプレー。パスワークの起点となって3点目のチャンスを創出したが、角度がなかったこともありフェル・ニーニョのシュートはGKの正面を突いた。

【動画】決定機を作り出した、久保の裏を突く秀逸パスはこちら
 
 献身的にアクティブに動き回りながら、危険な場面に顔を出して、得点機を演出。ゴールを挙げることはできなかったとはいえ、ラ・リーガ開幕のウエスカ戦を11日後に控えた中で自らに期待されているプレーを見せた意義は大きい。

 とりわけ自慢のスピードとテクニックは大きな脅威となり続けており、ドリブルで抜け出そうとしてアリツ・エルストンドに後ろからユニホームを引っ張られイエローカードを誘発させたプレーに象徴されるように、ソシエダのDF陣がファウルでしか止められない場面も少なくなかった。

文●ハビエル・マタ(アス紙ビジャレアル番)
翻訳●下村正幸
【関連記事】
「とてもポジティブ」久保建英がソシエダ戦後に語った手応え「監督から個人的に…」
「ソシエダの拷問となった」2点に絡んだ久保建英を現地紙が称賛!「とてつもないプレスで先制点を…」
「タケは最大のライバルに一歩リードされている」3戦目を終えた久保建英の現状をスペイン紙番記者はどう見ているのか?【現地発】
「すでに接触」久保建英加入のビジャレアルが、香川真司へオファーか? 指揮官エメリが獲得熱望と現地メディアが報じる!
「ファンタジスタか」久保建英が決めた超絶ヒール弾にファン驚愕!「ワォ、メッシ2.0だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ