【新潟】守備混乱で5失点を喫し今季初黒星。69分の交代でふたりのベテランが示したものとは…

カテゴリ:Jリーグ

大中祐二

2020年07月08日

"5失点"にふたりのベテランが示し続けた"失うべきではない姿勢”

69分の2枚替えで舞行龍とともにピッチに立った島田譲。新潟デビュー戦となった。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 長崎から期限付きで加入し、新潟デビューとなった島田はアンカーに入った。左の深いスペースに送り込まれたボールを判断よく回収すると、大きく前方に蹴るふりをしてGK藤田和輝にパスを送った。雨でピッチは滑りやすく、藤田はゴールを背に立っていたが、島田の強いグラウンダーのバックパスは、恐れずボールをつないで攻める姿勢をチームに思い出させたはずだ。また、プロ2年目で出場2試合目の藤田は、前半、ペナルティエリアを飛び出しながらクリアをミスし、失点の原因をつくっていた。若いGKを叱咤し、鼓舞する気持ちも込められていただろう。
 
 昨年、28得点を挙げ、J2リーグ得点王となったレオナルドが浦和に移籍し、危惧されたチームの攻撃は、劇的な変化を見せている。3試合連続での3得点で、全得点の内訳を見ると、渡邉新太、ファビオのFWふたりが3ゴールずつ、MFシルビーニョが2ゴール、MFロメロ・フランクが1ゴールと、様々な選手が得点できる力を示しつつある。レオナルドに決めさせることに、ほぼ特化した昨季とは、大きな違いだ。

 一方で、再開初戦の前節・甲府戦は3失点、そして今節は5失点と、守備は混乱状態だ。攻守のバランスが大事だと、アルベルト監督はことあるごとに指摘する。現在のアンバランスさを修正するために、攻撃力を削いでまで守備に注力するアプローチは、おそらく取られないだろう。今の攻撃力に見合うレベルまで、いかに守備の質を高めるのか。スペイン人指揮官の手腕が注目される。

取材・文●大中祐二(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ