「マジで衝撃でしたよ」小野、稲本、本山が“一番スゴイ!”と認定した伝説の名手とは?【黄金の記憶】

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年05月08日

「難しいことをさらっとやるから、あのクラスは」

2001年3月、トルシエジャパンを粉砕したフランス代表。その中心に君臨していたのが当時28歳のジダンだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 このフランス代表戦、本山雅志はベンチで戦況を見守った。直接戦ってはいないが、やはり現マドリー監督のプレーにシビれたという。

「だってあのぐちゃぐちゃのピッチで、ピタッとボールを止めて、やることなすことすべてが優雅。難しいことをさらっとやるから、あのクラスはスゴいんですよね。試合観てないもん。ずっとジダン観てた(笑)。いい時間もらったな、これって。ビックリしたのは、あの試合で(エマニュエル)プチが取り換え(スパイク)じゃなくて固定を履いてたんですよ。ベンチでも『え? 取り換え履いてないよね? なんで滑んないんだよ』って。もう驚きの連続でしたね」

 そのほかにも本山は、世界に名だたるビッグネームたちと対峙している。
 
「(クリスチアーノ)ロナウドはむちゃくちゃ速かったし、(ライアン)ギグスは渋くて巧かった。あと、僕のお気に入りは(フランチェスコ)トッティ! プレマッチでローマと試合をしたんですけど、あんなにテクニックがあるのに強さがあって、カッコイイしで好きになっちゃって。ミツオ(小笠原満男)がいる時に、メッシーナまで行きましたからね。ちょうどローマ戦の時に(笑)」

 3人とも衝撃の邂逅から、20年近くプロキャリアを続けているが、いまだ“スーパーレジェンド”ジズーを超える名手には遭遇していないようだ。

文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

※2017年4~11月掲載分より抜粋、再編集。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ